ページが真っ白!SafariやChromeで「about:blank」が表示される理由

SafariやChromeで「about:blank」が表示される…。主な原因と対策を解説します。

  • 続きを見る
    • 真っ白になる原因は?

      SafariやChrome™を使っているとき。リンク名が「about:blank」になっている、真っ白なページが表示されることはありませんか?なぜ「about:blank」が表示されるのか、理由と対処法を解説します。

      まずは「about:blank」の説明から。「about:blank」は空白のページという意味があり、何も情報を取得していないことを表しています。つまり「about:blank」は“空のページ”なのです。真っ白な画面が表示されて驚く方もいると思いますが、ウイルスに感染しているケースはほぼないのでご安心ください。

      しかし、頻繁に「about:blank」が表示されるようなら、ブラウザの設定を見直すのがオススメ。ありがちな原因を2つご紹介します。

      Android™のChromeで新規タブを開いたときに「about:blank」が表示される方は、トップページ設定を確認してみましょう。

      Chromeを開いたら、画面右上にある“点が縦に3つ”並んだアイコンをタップ。「設定」→「トップページ」を順番に選択してください。

      もし「このページを開く」に「about:blank」が設定されていたら、他のURLを登録しましょう。

      ブロック機能をオフ

      他の原因として、ポップアップブロック機能が影響している可能性も考えられます。ポップアップとは、閲覧中のサイトで新たに開かれるタブやウインドウのこと。しつこい広告を非表示にしてくれる便利な機能ですが、頻繁に「about:blank」が表示されるなら、試しに無効化してみましょう。

      Safariをお使いの場合は、iPhoneの「設定」から機能をオフにできます。

      「設定」を起動したら、一覧から「Safari」をタップ。あとは「ポップアップブロック」の右にあるスイッチ(ラベル)をオフにすればOKです。

      Android™の場合は、Chromeを開いて画面右上の点が縦に3つ”並んだアイコンを選択。「設定」→「サイトの設定」を順番にタップしたら「ポップアップとリダイレクト」を選びましょう。

      次の画面でスイッチ(ラベル)をオンにすれば設定は完了です。

      なお、上記の対策でも改善されない場合、お使いのスマホにインストールしたウイルス対策アプリが影響している可能性も。そちらの設定も見直してみてくださいね。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver14.4.2、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2021年5月12日

      悩みの理由は?
      オリエンタル占星術

      困難の原因を導きだし、あなたの心を軽くするお手伝いをします。

      真実の恋§四柱推命

      紫月香帆が四柱推命であなたの恋の悩みを本格鑑定

      人生交差点の占い師

      悩みがあるのなら私に任せなさい!『新宿の母二代目・栗原達也』

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2021年5月12日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ