テクニックを押さえておこう!料理の写真をスマホで上手に撮影するには?

光の向きや背景を意識するだけでグッと上達!料理の写真を上手に撮影するコツ、ご紹介します。

  • 続きを見る
    • 光の向きに注意しよう

      おいしそうな料理の写真をSNSにアップしたいけど、なかなか上手に写真が撮れない…。そんな悩みをお持ちの方、写真撮影にはセンスが必要だと諦めていませんか?ちょっとしたことを意識するだけで、スマホでも写真の出来はグッとよくなります。そこで今回は、料理写真を上手に撮影するコツをご紹介しましょう。

      まず料理の写真を取る上での基本は、明るい場所で撮影すること。自然光が入る窓際などで撮影するのがベストです。また、光の方向にも注意を配るといいでしょう。オススメは、被写体の後ろからカメラに向かって光が差す"逆光"です。料理の後ろから光を当てることで、料理に立体感が生まれるほか、食欲をそそるテリやとろみといった"しずる感"を表現できます。

      一方で、カメラの背後から光が差す"順光"の場合。被写体にまんべんなく光が当たるのですが、全体的に陰影の差がなく、立体感がないのっぺりとした印象の写真になりがちです。さらに、順光は撮影者の手前側に影が落ちやすいデメリットも。

      作例では、逆光で撮影した写真は被写体の後ろから光が差しているのに対して、順光で撮影した写真は光源が撮影者の後ろにあるため、その影が写真に写り込んでしまっています。食べ物を撮影するときは、なるべく順光は避けましょう。

      主役を引き立たせるには

      料理を撮影するときは、料理に寄ってクローズアップした写真を撮るのも1つのテクニックです。

      作例1枚目の写真をご覧ください。料理のプレート以外の余白が大きく、ドリンクやテーブルの向かいにあるイスなどが画面に映り込んでしまっています。作例2枚目の写真は、1枚目の余計な部分をトリミングしたものです。全く同じ写真でも、料理にズームするとグッと主役が引き立つ写真になります。

      撮影するときは、あとからなるべくトリミングなしなくてもいいように「背景はシンプル」を心がけ、テーブル上のグラスやフォークなどを画面に映らないように工夫するといいでしょう。

      また、料理にクローズアップするときは、スマホを料理に近づけて撮影するのは避けてください。手の影が写真に映り込んでしまいます。それを防ぐためには、料理とスマホの距離をある程度取った上で、スマホ画面をピンチアウトして被写体にズームしましょう。

      料理写真を上手に撮影するコツをいくつかまとめてご紹介しました。意識するだけで写真のレベルが上がるので、ぜひ覚えておいてくださいね。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver14.0 beta、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2020年10月10日

      レシピを検索!
      服部ダイエットレシピ

      服部先生の1週間ダイエットレシピで栄養バランスのいい健康的なダイエットをしよう!

      健康薬膳ごはん

      漢方理論の体質チェックで、体質別の食事のアドバイスや、症状ごとの薬膳レシピを紹介。

      献立レシピ

      献立に悩む皆様のお役にたちます。時短で簡単な献立、季節の食材満載のレシピをご提供。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2020年10月10日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ