スマホのカメラで月をキレイに撮影するコツ

夜空に浮かぶ満月や三日月。スマホの標準カメラでキレイに撮影する方法をご紹介します。

  • 続きを見る
    • グッと雰囲気変わります

      月がきれいな今の季節。「スマホで撮影しよう!」とカメラを起動したはいいけど、なかなか雰囲気のある写真が撮れない…と困った経験はありませんか?夜空に浮かぶ月を、スマホで上手に撮影するテクニック。まとめてご紹介します。

      まず試してほしいのが、カメラの露出を下げることです。カメラ撮影における露出とは、写真を撮るときに取り込まれる光量のこと。普通に月を撮影すると、街灯やビルの明かりなども取り込まれてしまい、月が目立たずぼんやりとした印象になりがちですが…。月にピントを合わせて露出を下げることで、邪魔な光が取り込まれにくくなり、月をはっきり際立たせた写真を撮影できます。

      撮影例をご覧ください。左の画像はiPhone標準カメラのデフォルト設定で撮影した画像。右の画像は月にピントを合わせて、露出を下げて撮ったものです。右の画像では夜空が暗くなっており、月がくっきりと目立っていることがわかりますね。

      スマホのOSや機種によって手順は異なりますが、ピント合わせは、カメラを起動した状態で任意の場所をタップすればOK。露出はカメラ画面の“太陽マーク”から調整できることが多いです。

      その他の注意点は?

      スマホで月を撮影する際は、手ブレにもお気を付けください。ただでさえ小さな月がブレてしまい、「何を撮っているのかわからない…」なんてことも。対策としては、「脇を閉める」「手すりに腕を固定する」などして、腕を固定することが効果的です。可能であれば、スマホ用三脚の活用もオススメします。

      スマホカメラに搭載されている、ズーム機能を使う場合も注意が必要です。デジタルズーム形式で拡大を行うスマホの場合、撮影する画像に含まれる画素数が減り、画質が下がる場合もあります。月を拡大して撮りたい方は、スマホ用望遠レンズなどの撮影グッズを購入するとよいでしょう。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver13.6.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2020年10月1日

      構図の参考に♪
      夜景スタイル

      夜景評論家・丸々もとおプロデュースの1000枚以上の夜景画像や夜景スポット情報を提供中!

      PhotoBookCafe

      心を癒す風景や可愛い動物の写真集と、気軽に楽しめる小説・コミック・実用書が見放題!

      待受☆天文ナビ

      美麗な天文写真や人気イラストレーターKAGAYAの待受け画像が取り放題の待受けサイトです!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2020年10月1日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ