「あれ?どこだっけ??」を解決 お部屋で見失ったスマホを簡単に探し出す方法

音声アシスタントを活用すれば解決!お部屋の中で見失ったスマホを簡単に探し出す方法をご紹介します。

  • 続きを見る
    • iPhoneの場合

      お出かけ前。「スマホがない…」と家中を探し回った経験はありませんか?そんなときは、「Hey Siri」や「OK Google」などと声をかける方法が便利です。SiriやGoogle アシスタント™が起動して音声が鳴るので、スマホの位置をすぐに特定できるでしょう。今回はこうした機能を利用するために、iPhone/Android™で音声アシスタントを声で起動する設定方法をご紹介します。

      まずは、iPhoneの場合から。iPhone 6s以降の機種であれば、本体を電源につないでいなくても音声でSiriを起動できます。「設定」アプリを開き、「Siriと検索」をタップ。続いて「“Hey Siri”を聞き取る」のスイッチ(ラベル)をオンにします。続いて、iPhoneが呼びかけに反応するよう、手順に沿って声を認識させましょう。これで準備完了です。「ロック中にSiriを許可」のスイッチ(ラベル)がオンになっていれば、画面ロック中でもSiriが声に反応します。

      「Hey Siri」と呼びかけると、Siriがリアクションしてくれます。「Hey Siri、音楽をかけて」などと呼びかければ、デバイス内の音楽を再生してくれるので、見失ったスマホをより発見しやすくなるでしょう。

      なお残念ながらiPhoneの画面を伏せていると、「Hey Siri」の呼びかけには反応しません。とはいえ条件が整えば、上手くiPhoneを見つけ出せるはずです。ぜひ設定してみてください。

      Androidの場合

      続いて、Androidで使えるGoogle アシスタントでの設定方法をご説明しましょう。今回は一例としてXperia™ XZ2を使用します。

      まず、Google アシスタントを起動したら、画面右下の“コンパス”型のボタン→画面右上のユーザーアイコンの順にタップ。「設定」をタップして、「アシスタント」タブを開いてください。

      「アシスタント デバイス」という項目内にある「スマートフォン」をタップしたら、「Google アシスタント」のスイッチ(ラベル)がオンになっているか確認してください。続いて、「Voice Match」のスイッチ(ラベル)をオン。

      その後は、Google アシスタントが呼びかけに反応するよう、手順に従って声を認識させましょう。

      準備が整ったら、「OK Google、音楽をかけて」などと呼びかけてみてください。声を認識すれば、スマホから音楽を流してくれますよ。部屋の中でスマホをよく見失う“うっかり”さんは、ぜひ機能を利用してみては。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver13.5、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2020年7月2日

      ○○探せる!
      e介護転職

      介護専門求人サイト、専門だから探しやすい。登録ナシで応募・問合せできます

      住SEE

      大東建託グループの賃貸物件検索サイトで安心のお部屋探し♪

      男子アニうた

      新曲だけじゃない!探してたアニメの曲がきっと見つかる!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2020年7月2日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ