STOP!スマホ依存 iOS 12の新機能「スクリーンタイム」でiPhoneの使い過ぎが分かる

iPhoneの使用状況把握やアプリの使用制限が可能に。iOS 12の新機能「スクリーンタイム」を使ってみませんか?

  • 続きを見る
    • まずは機能をオンに

      iOS 12から搭載された「スクリーンタイム」。皆さんは、もう利用されましたか?

      こちらは、iPhoneの使用状況を把握できるほか、アプリが使えなくなる時間帯などを設定できる新機能。スマホの長時間使用を防ぎたいという方に向けて使い方をご紹介します。

      まずは、「設定」を起動し、機能をオンにしてみましょう。「スクリーンタイム」を選択し、「続ける」をタップ。「このiPhoneは~」というメッセージが表示されたら「これは自分用のiPhoneです」を選択してください。

      続いて、画面上部の時間が表示された箇所をタップすると、各アプリの使用状況やiPhoneを持ち上げた回数などを確認できます。自分がどんな用途でiPhoneを使っているか気になる方は、チェックしてみると良いでしょう。

      なお、機能をオフにする際は、iPhone使用時間などが表示された「スクリーンタイム」画面を下方向にスクロールしましょう。その後、「スクリーンタイムをオフにする」を2回続けてタップすればOKです。

      特定の時間帯に使用を制限

      「寝る前についついiPhoneを見てしまう…」などとお悩みなら、端末の使用に制限をかけると良いでしょう。ここからはその設定方法をご紹介します。

      はじめに「スクリーンタイム」を開いたら、「休止時間」を選択してください。次に「休止時間の右にあるスイッチ(ラベル)をタップして機能をオンに。休止時間の開始/終了時刻を設定しましょう。

      休止時間が適用されると、「電話」や「時計」、使用を許可したアプリなどを除くアイコンが黒く表示されるように。その状態でアプリを開くと、使用を警告する「時間制限」画面が表示されます。急を要する場合は、制限を無視してアプリを開くことも可能です。

      アプリ起動までの行程が増やすことで、スマホ使用に制限をかけられる「休止時間」設定。「仕事に集中したい」「しっかり眠りたい」といった時間帯に、ぜひ設定してみてくださいね。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver12.0、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 8.0.0、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2018年10月24日

      便利機能いろいろ
      ブルーガイド☆ポシェ

      豊富な写真や、GPSルート検索などの便利機能満載の海外旅行情報モバイルガイドです。

      おくすり日記

      日記をつけて健康管理!お知らせメール、おくすり検索機能、等で健康サポート。

      駅探★乗換案内

      スマートフォンでも「駅探★乗換案内」があなたの移動をサポートします。無料機能も充実!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2018年10月24日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ