リアルタイムに居場所を教える「現在地を共有」機能 Googleマップ™活用法

待ち合わせや外出の際、自分の居場所を知らせたい…。そんなときは、Googleマップ™の「現在地を共有」機能の出番です。使い方をご紹介しましょう。

  • 続きを見る
    • 現在地を共有する方法は?

      待ち合わせやイベント会場での別行動中、自分の居場所を友人や家族に伝えられたら便利ですよね。Googleマップでは、相手のデバイス上に自分の現在地を表示できます。今回はそのやり方をご説明しましょう。

      なお、こちらの機能を利用するには、Googleアカウントへのログインが必要となります。アカウントをお持ちでない場合は、あらかじめ新規登録しておきましょう。

      Googleマップを開いたら、まずは画面上部にある「≡」マーク、もしくは現在地を示す“青い丸”をタップします。続いて「現在地を共有」をタップ。表示されたメニューから共有期間を設定しましょう。15分から3日までの期間か、ユーザーが設定をオフにするまで位置情報を共有可能です。

      ここまで設定が済んだら位置情報を共有する相手を決めてください。画面上の「ユーザーを選択」をタップすると、Googleアカウントやスマホ本体に登録されている連絡先から、ユーザーを選べます。任意のユーザーにチェックを入れたら画面下部にある「共有」をタップしてください。これで自分の位置情報が相手に伝わります。

      「メール」や「もっと見る」をタップした場合は、自分の現在地情報を含むマップを作成し、そのURLを送信可能です。メールやメッセージアプリを通じて居場所を伝えたいときは、こちらをご利用ください。

      相手の居場所が一目瞭然

      ユーザーを選択して共有を開始すると、相手のGoogleマップ上に自分の居場所が表示されるはず。自分が移動すると位置情報はリアルタイムで相手に伝わります。

      互いの位置情報を共有したい場合は、画面上に表示されている他のユーザーのアイコンをタップしてください。するとメニューが表示されるので、「現在地を共有する」のラベル(スイッチ)をオンにしましょう。共有期間を選択し、下部の「共有」をタップすれば設定完了です。

      この機能はiPhone⇔Android™間や複数人でも利用できます。お互いに移動しながらどこかで合流したいときなどに、ぜひご活用ください。

      [iPhoneアプリ]
      Googleマップ
      [Android™アプリ]
      Googleマップ

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver10.3.3、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2017年10月16日

      地図サービスいろいろ
      MapFan

      ルート、渋滞、駐車場、ガソリン価格など豊富な情報を検索可能。使える地図サイト!

      NAVITIME

      地図、乗換案内、自動車ルート検索、徒歩ルート案内などナビのことならおまかせ!

      ゼンリンいつもNAVI

      これまでになかった!新感覚の地図サービスで暮らしをサポート!!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2017年10月16日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ