お金の管理、今度こそ!家計簿Zaimレシート

レシート読み取り/銀行・クレジットカード連携/グラフ化など、スマホで家計簿をつけたい方には、多彩な機能を備えた「家計簿Zaimレシート」をオススメします。節約&貯金を目指すなら必携のアプリですよ。

  • 続きを見る
    • アプリで家計簿つけるなら

      きちんと家計をやりくりしたい主婦や貯金を目指す1人暮らしの方なら、家計簿をつけたいと考えたことがあるはず。ノートに手書きするのもいいですが、せっかくスマホをお持ちならアプリで家計簿をつけるのがオススメです。というわけで今回は、iPhone/Android™ともに無料でダウンロードできる「家計簿Zaimレシート」の使い方をご紹介しましょう。

      アプリの初回起動時は、メールアドレスとパスワードを入力してユーザー登録&ログインを行いましょう。FacebookやGoogleアカウントを利用したログインも可能です。

      ログインが済んだら早速、家計簿をつけてみましょう。支出を記録する場合は画面下部の「入力」をタップし、食費/日曜雑貨/交通などといったカテゴリを選択。支出の内訳も設定できます。例えば「食費」を選んだ場合、食料品/カフェ/朝ご飯などから選べるというわけです。

      画面に電卓が表示されたら、金額を入力して「=」ボタンをタップしましょう。「オプション」からは、お店/メモ/カテゴリ/日付などを記載、変更できます。情報を全て入力したら「記録する」をタップしましょう。記録した内容は画面下部の「履歴」から確認できますよ。

      入出金を自動分類

      ご注目いただきたいのが、さまざまな金融機関と連携して入出金を自動取得・分類する機能。手動で入力せずとも家計簿がつけられるので、「こまめな管理は苦手で…」という方にもオススメです。今回は連携の方法をご紹介しましょう。

      連携を行うには、まず画面右上に“歯車”のボタンをタップ。続いて「金融機関」を選択しましょう。連携可能な金融機関はなんと1,500以上。銀行/カード/電子マネー/ポイントカードなどの中から目当てのものを探してください。なお、連携の際に入力する情報は金融機関ごとに異なります。追加で情報入力が必要なこともあるので、それを知らせるメールやプッシュ通知にもご注目ください。

      支出や収入をグラフで分析したり、レシート撮影で支出を自動入力したりすることも可能な「家計簿Zaimレシート」。iPhone/Androidともに月額360円(税込)のプレミアムサービスに加入すると、複数アカウントの切り替えや資産の残高グラフで貯金の“見える化”などが可能に。アプリをさらに使いこなしたい方は、こちらもぜひチェックしてくださいね。

      [iPhoneアプリ]
      家計簿Zaimレシート
      [Android™アプリ]
      家計簿Zaimレシート

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver10.3.2、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2017年7月27日

      節約レシピ探すなら
      E・レシピ

      プロの料理研究家や栄養士がレシピを制作。美味しくて栄養も考えられたレシピをご紹介♪

      ケンタロウHouse

      料理研究家ケンタロウさんがオススメするお手軽レシピサイト♪

      献立レシピ

      献立に悩む皆様のお役にたちます。時短で簡単な献立、季節の食材満載のレシピをご提供。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2017年7月27日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ