紙に書いてある文字が小さくて読めない…そんなときはスマホをルーペに!

小さくて読みにくい文字があっても大丈夫!iOS 10の新機能「拡大鏡」機能&無料のAndroid™アプリ「拡大鏡 & 顕微鏡」を使えば、スマホをルーペ代わりにできますよ。

  • 続きを見る
    • iPhoneの場合

      雑誌/新聞/広告のチラシなど、「文字が小さすぎて全然読めない…」なんていうことはありませんか?そんなときは、iPhoneの出番です。iOS 10から搭載されたiPhoneの「拡大鏡」機能をオンにして、iPhoneをルーペ代わりにしてみましょう。

      また、Androidの場合も無料アプリの「拡大鏡 & 顕微鏡」を使えば、同様に文字の拡大表示が可能です。さっそく手順をご紹介します。

      まずは、iPhoneの「拡大鏡」機能をオンにするやり方から。「設定」アプリを起動したら「一般」を選択。ここで「アクセシビリティ」をタップすると、次の画面で「拡大鏡」という項目が見つかるはず。これを選択した後に「拡大鏡」をオンにすれば準備完了です。必要に応じて「明るさの自動調節」もオンにしておくと良いでしょう。

      続いて、ホームボタンをトリプルクリックしてみましょう。「拡大鏡」が起動したら、拡大したい場所にカメラを向けてください。

      左右に「-」「+」のあるスライドバーを動かすと画面の拡大率を変更できます。円形の“シャッターボタン”をタップすれば画像を静止させることも可能です。

      フォーカスのロックや明るさ&コントラスト調整にも対応しているので、お好みで文字を読みやすいように変更してくださいね。

      Android™の場合

      続いて、Androidで使える無料アプリ「拡大鏡 & 顕微鏡」の使い方をご紹介しましょう。

      アプリを起動したら、こちらの場合も拡大表示したい場所にカメラを向けてください。“虫眼鏡”の形をしたアイコンをタップしながら左右に動かすと拡大率が変化します。画面をピンチインorピンチアウトすることでも同様の操作が可能です。明るさ/コントラスト/画像効果なども調整できるので、文字が読みにくいときに試してみてください。

      そのほかにも、画面の撮影や一時停止といった便利機能が充実の「拡大鏡 & 顕微鏡」。注目は、画面を高解像度で拡大表示できる「顕微鏡」機能でしょう。一般的な虫眼鏡では読みにくい非常に小さな文字をチェックしたいときや、小さな生きものなどを拡大して観察したいときに役立ちますよ。こちらの場合も、ピンチインorピンチアウトで画面の拡大と縮小が可能です。

      簡単操作で読みづらい文字を拡大表示できる、これらの機能&アプリ。「ルーペがなかなか見つからない…」なんていうときにご利用くださいね。

      [Android™アプリ]
      拡大鏡 & 顕微鏡

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver10.1.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2017年2月7日

      読みやすい電子書籍は…
      BOOK☆WALKER

      話題のコミックや小説、実用書、写真集、ライトノベルをスマートフォンで!

      BookLive!

      国内No.1総合電子書籍サイト 無料小説・コミック多数配信!

      BOOKSMART

      本屋さんが本気で作った電子書店。無料立ち読みも充実!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2017年2月7日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ