ウェブサイト閲覧中に気になった言葉は…タップorホールドして検索!

ウェブサイト閲覧中に難しい言葉が出てきたら、その場所をタップorホールド。簡単に辞書検索やウェブ検索できるってご存知ですか?

  • 続きを見る
    • iPhoneなら辞書機能が便利

      ウェブサイトを見ているときに難しい専門用語や単語が出てきたら、あなたはどうしますか?他の辞書アプリを立ち上げたり、ウェブブラウザで新たなタブを立ち上げて言葉を調べているという勉強熱心な方も多いでしょう。そんな方に今回は、iPhoneとAndroidそれぞれで、もっと簡単に言葉を調べる方法をご紹介しましょう。

      iPhoneをお使いなら、iOSに内蔵された辞書機能を活用してみてください。意味を調べたい語句を見つけたら、その文字をホールドしましょう。うまく選択できなかった場合は、スライダーを左右に動かし、選択範囲を調整します。

      確認したい文字をうまく選択すると、自動的にコピー/辞書/共有などといったメニューが表示されるはずです。その中から、「辞書」という項目をタップしましょう。すると、選択した語句の意味が表示されます。

      iOSには国語辞書や和英・英和辞典などが標準で入っているほか、その他言語の辞典も多数用意されています。他言語については、何かの言葉を検索した画面の左下に、「管理」というボタンが現れるので、そちらからインストールしましょう。

      タップするだけで検索可能

      Androidの場合は、「Chromeブラウザ」に搭載された機能、「コンテキスト検索」を利用しましょう。これは閲覧中のウェブサイトに表示された単語などを“ただタップするだけ”で、Google検索できるという機能なのです。

      まずは利用前に設定を確認しましょう。「Chromeブラウザ」を開いたら、画面右上の“点が3つ”並んだメニューボタンをタップしてください。開いたメニューから、「設定」→「プライバシー」→「タップして検索」に移動すれば、機能の有効/無効を確認できます。“無効”であれば“有効”に切り替えておきましょう。

      では早速、「Chromeブラウザ」で何かウェブページを表示してみてください。そこで調べたい語句をタップしてみると…、画面下部にGoogle検索の結果画面、その上端が表示されたはずです。写真左を例にすれば、“Googleロゴマーク+菌糸”と表示された部分になります。上端部分をタップもしくは上方向にスワイプすれば検索結果を閲覧可能です。

      一度タップしただけでは、写真右のように画面の下半分が検索結果画面になります。そのまま検索結果を下にスクロールしていけば全画面表示となり、逆にまた最上部まで戻ると、画面上半分が暗く、下半分が検索結果画面のレイアウトに戻ります。元のページへ戻りたい場合は上部の暗くなっている場所をタップ、もしくはさらに上までスクロールするようにして、画面を下に引っ張ればOKです。上端部分右に表示される「×」をタップしても終了します。

      ちなみに、検索結果上のリンクをタップすると別ウィンドウでリンク先が表示されるため、元のページに戻れなくなる心配はありませんよ。

      かなり高い精度で語句を自動選択してくれる「コンテキスト検索」ですが、狙った語句を選択できないときもあるでしょう。そんなときは、iPhone同様に語句をホールドして選択範囲を調整可能です。

      iPhone、Androidそれぞれでこうした機能を使いこなし、スムーズに調べ物をしてくださいね。

      ※動作確認はiPhone6 iOS Ver9.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はAQUOS CRYSTAL 305SH Android™ 4.4.2、Google Chromeにて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2016年2月16日

      目的別検索
      ヘアサロン検索

      日本最大級のヘアサロン予約サイト「ホットペッパービューティー」のAndroidアプリ

      SUUMO

      賃貸でも売買でも希望の物件が見つかる不動産検索の定番サービスSUUMO(スーモ)

      MAPPLE地図ナビ乗換

      場所検索はもちろんのこと乗換・渋滞情報なども見れる総合サイトです。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2016年2月16日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ