YouTube Premiumで動画を保存&オフライン再生する方法

「YouTube Premium」に加入すると、YouTubeでは動画を保存、オフライン再生できるようになります。その方法をご紹介します。

  • 続きを見る
    • 保存方法は?

      「YouTube Premium」は、YouTubeをさらに楽しく便利に利用できる有料プランのこと。動画を広告なしでバックグラウンド再生できるほか、動画をスマートフォン内に一時保存して、オフライン再生することも可能です。

      今回は、動画の一時保存&オフライン再生機能に焦点を当て、機能の使い方をご紹介しましょう。iPhone版YouTubeアプリでのやり方を紹介しますが、Android™版アプリでも手順はほぼ同様です。

      まずは動画の保存方法から。「YouTube Premium」に加入済みのアカウントでYouTubeアプリを開き、保存したい動画を開いてください。次に、動画下にある「オフライン」をタップします。保存する動画の品質を聞かれた場合は、任意の設定にチェックを入れて、「オフラインに一時保存」をタップ。このとき「設定を保持する」にチェックを入れると、これ以降、一時保存の際に動画の品質を尋ねられることはありません。動画の一時保存が完了すると、「オフライン」アイコンが「一時保存済」アイコンに変わります。これで保存完了です。

      動画を一時保存できない場合は、モバイルデータ通信で接続しており、Wi-Fi接続時のみ動画を一時保存する設定になっている可能性があります。設定をご確認ください。ただ、一時保存は多くのデータ通信量を消費するため、Wi-Fi接続時に行うことをおすすめします。

      なお、保存後はスマートフォンをインターネットに接続しなくても、最大29日間は動画をオフラインで再生可能です。それ以降も再生したい場合は、29日間に1回はインターネットに接続する必要があります。

      再生方法は?

      一時保存した動画は、YouTubeアプリ内で再生できます。YouTubeアプリ下部にある「ライブラリ」タブを開き、「オフライン」をタップしてください。保存した動画が一覧表示され、動画をタップすると、オフライン状態でも動画を再生できます。

      動画の右端にある"点が縦に3つ並んだボタン"をタップすると、一時保存した動画を削除できます。

      一時保存した動画をすべて削除したい場合は、アプリ画面右上に表示されるプロフィールアイコンをタップ。「設定」→「バックグラウンドとオフライン」の順にタップして、「一時保存したコンテンツの削除」をタップ。あとは、表示されたメッセージ内の「削除」をタップすればOKです。

      事前に動画をオフライン保存しておけば、Wi-Fi接続できない場面でも、データ通信量を消費せずに動画を再生できます。「YouTube Premium」に加入している方は、ぜひ機能を使ってみてください。

      [アプリ]
      YouTube
      [アプリ]
      YouTube

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver15.4.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ 1 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2022年06月27日

      テレビ情報も要チェック
      フジコンテンツストア

      フジテレビ人気番組のコンテンツが盛りだくさん♪

      NHK

      NHKのニュース、番組の情報はこちら

      MBS

      アニメ番組やちちんぷいぷい、アナウンサーのコンテンツも充実!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2022年06月27日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ