運転時に便利!
            iPhone「マップ」で交通情報を調べる方法

ドライバー必見!iPhone「マップ」に運転のための新機能が追加されました。

  • 続きを見る
    • ドライバー向けの地図に

      iOS 15でiPhone純正の「マップ」アプリが進化。ドライバー向けの新機能として、混雑状況や事故などの交通情報がマップ上に表示されるようになりました。機能の使い方や、マップの見方などをご紹介します。

      まず「マップ」アプリを開いたら、地図が表示されている状態で右上のボタンをタップしてください。あとは、「ドライブ」、もしくは「航空写真」をタップして地図を切り替えましょう。

      地図の見方は?

      地図を「ドライブ」、「航空写真」に切り替えると、道路上に赤色、またはオレンジ色のラインが表示される場合があります。これらは、赤色が渋滞発生、オレンジ色が低速を意味しています。

      また、「事故」「道路の閉鎖」「道路工事」といった情報も、道路標識のようなマーク形式で表示される場合もあります。マークをタップすると、「最新のアップデート」などと、それらがいつ更新された情報なのか確認することも可能です。

      渋滞や事故を避けて、安心・安全に目的地までドライブしたい方。ぜひ「マップ」アプリをナビとして使ってみてはいかがでしょうか。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver15.2、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2022年02月25日

      気になる情報をチェック!
      みんな@サッカー

      女子サッカー情報を中心とした、サッカーファンのための情報サイトです。

      San―Xネットmini

      すみっコぐらし等の100以上のSan―Xキャラのデコレメ、壁紙、情報が毎日いっぱい♪

      びじゅなび

      ビジュアル系アーティストの総合情報サイト!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2022年02月25日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ