iOS15の新機能をもっと活用!
オリジナルの「集中モード」を作る方法

アプリや連絡先ごとに通知を制限!iOS 15でオリジナルの「集中モード」を作る方法、解説します。

  • 続きを見る
    • 名前やアイコンを設定

      iOS 15で利用できる新機能の1つ、集中モード。許可していないアプリ/連絡先からの通知制限や、ホーム画面の非表示などを簡単に設定できる機能で、作業に集中したいときなどに役立ちます。

      デフォルト設定では「仕事」「睡眠」「パーソナル」といった特定のアクティビティ用の集中モードが用意されていますが…。 より使いやすいように細かな設定をカスタマイズし、オリジナルの集中モードを作ることもできます。早速、やり方を詳しく解説しましょう。

      「設定」アプリを起動したら、まずは「集中モード」を選びます。続けて、画面右上にある「+」をタップしてください。次に「カスタム」を選択すると、新規のモードを作成できます。はじめに、モードの名前を指定してください。モードのアイコンの色や形も、こちらの画面で設定できます。設定できたら「次へ」をタップしましょう。

      通知の可否を設定



      「通知を許可する連絡先」画面では、集中モード有効時に通知を許可する連絡先を設定します。「+」をタップして、遷移先の画面で許可する連絡先を選択。「完了」をタップしたら、連絡先を確認して「許可」を選びましょう。この際、代わりに「誰も許可しない」を選択してもOKです。

      最後に、アプリの通知許可設定を行いましょう。連絡先の場合と同様に「+」をタップすると、アプリが一覧表示されるはず。通知を許可するアプリにチェックマークを入れたら、右上の「完了」をタップしてください。

      「通知を許可するApp」画面で「許可」もしくは「何も許可しない」を選択すると、集中モードの設定は終了。最後に「完了」をタップすると、作成したモードを利用できるようになります。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver15.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2022年02月23日

      息抜きにいかが?
      J-CASTニュース

      インターネット発の総合ニュースサイト。独自視点のオリジナル記事で人気上昇中。

      朝日・日刊スポーツ

      速報ニュース・最新スポーツ情報満載!

      STOLABO TOKYO

      エンターテインメント性溢れる独自のライブストリーミング番組を配信していく動画メディア

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2022年02月23日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ