Instagramで勝手にタグ付けされないようにする方法

Instagramで見知らぬ人に勝手にタグ付けされた…。対処法をご紹介します。

  • 続きを見る
    • タグ付けとは?

      Instagramの“タグ付け”とは、投稿した写真や動画に関連があるアカウントを紐づけられる機能のこと。自分が投稿した写真や動画の中に吹き出しのような形でほかのユーザーのアカウント名を表示できます。

      表示されたタグをタップすると、そのユーザーのプロフィール画面に遷移する仕組みです。また、自分がタグ付けされた場合、プロフィール画面内の右端にあるタブ「あなたが写っている写真と動画」を開くと自分がタグ付けされた写真や動画が一覧表示されるようになっています。

      自分が投稿した写真に映っている人物をフォロワーに紹介したり、自分がタグ付けされた投稿をまとめて他の人にも見てもらえたりする便利機能ですが…。自分のアカウントが見知らぬ人によって勝手にタグ付けされる可能性もあります。その場合はどうすればいいのでしょうか。

      実は、投稿から自分のタグを削除したり、タグは消さないまま自分のプロフィール上の「あなたが写っている写真と動画」に表示しないように選択できたりします。その方法をご紹介しましょう。

      Instagramでタグ付けされた場合、「投稿にタグ付けされました」などと必ず通知が届きます。通知からタグ付けされた写真や動画に移動して投稿内にあるタグをタップ。「投稿から自分を削除」をタップすると、自分のタグを削除できます。

      「プロフィールに表示しない」をタップすると、その投稿から自分のタグが消えることはありませんが、プロフィール上の「あなたが写っている写真と動画」にその投稿が表示されなくなります。写真写りが悪く、その投稿を自分のプロフィールに表示したくないときなどに使えそうな機能でしょう。

      タグ付けNGなら設定変更

      「見知らぬ人からタグ付けされたくない」という方は設定を変更しましょう。「誰にもタグ付けを許可しない」、もしくは「フォローしている人のみタグ付けを許可する」ことが可能です。

      設定変更の手順をご紹介します。プロフィール画面に右上にある「≡」ボタン→「設定」の順にタップしてください。続いて、「プライバシー設定」を開き「投稿」をタップ。 

      あとは、「タグ付けを許可する人」という欄にて、「全員/フォローしている人/誰にも許可しない」の中から、任意の項目を選んでチェックを入れれば設定完了です。

      また、タグ付けを許可している場合でも、自分が承認しない限りはプロフィールの「あなたが写っている写真と動画」に投稿が表示されないように設定することもできます。「タグ付けを手動に承認」をタップして「タグの管理」をオンにすればOKです。

      誰かの投稿にタグ付けされた場合、「承認待ちのタグ」という欄に投稿が表示されます。ここからプロフィールに表示するか、それとも非表示にするかを選択しない限り、タグ付けされた投稿がプロフィールに表示されることはありません。

      なお、今回はiPhone版Instagramアプリでやり方を紹介しましたが、Android™版でも手順はほぼ同様です。見知らぬ人からのタグ付けを防ぎたい方はぜひお試しください。

      [アプリ]
      Instagram
      [アプリ]
      Instagram

      ※動作確認はiPhone XS iOS ver15.2、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2022年02月07日

      メディアで話題!
      真木あかりの占い

      SNSフォロワー1万人越えの人気占師が遂に登場!

      奈良の霊能者Ψ法瀧

      TV出演で話題騒然…奈良千光寺の霊能者・法瀧の前世・守護霊鑑定

      御瀧政子◆魂の絆

      メディアで活躍中の大物占い師が、魂の絆で結ばれた相手を読み解く!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2022年02月07日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ