思いついたらすぐにメモ!
            iPhoneをロックしたまま新規メモを開く方法

思いついたらすぐにメモ!iPhoneのロックを解除せずに新規メモを編集する方法をご紹介します。

  • 続きを見る
    • ロック中でも編集できる

      iPhoneがロック状態でも新しいメモを開いて編集できることをご存知でしょうか。こちらの機能を利用すれば、ちょっとした内容をメモしておきたいとき、サッと簡単に記録できます。早速、設定方法を解説しましょう。

      まずはiPhoneのコントロールセンターに「メモ」を追加します。「設定」アプリを起動して「コントロールセンター」を選択。「コントロールを追加」欄に「メモ」が表示されていたら、左の「+」をタップして、上に表示されている「含まれているコントロール」に移動させてください。それが終わったら画面左上の「戻る」をタップしましょう。

      最初の画面に戻ったら、今度は一覧から「メモ」を選んでください。「メモ」画面を一番下までスクロールすると、「ロック画面からメモにアクセス」という項目が表示されるはず。こちらをタップして、次の画面で「常に新規メモを作成」をタップしましょう。これで設定は完了です。

      メモを開いてみよう

      実際にロック画面から新規メモを開いてみましょう。iPhone X以降の機種をお使いなら、画面右上隅から下方向にスワイプ。それ以前の機種であれば、画面の下端から上方向にスワイプするとコントロールセンターを開けます。

      続けて、コントロールセンターから「メモ」のアイコンをタップしてください。すると新規メモが表示され、文字を入力できるはずです。ただし今回の設定では、ロック中に行えるのはメモの編集と保存のみ。保存は画面右上の「完了」をタップすればOKです。他のメモを確認/編集したい場合は、iPhoneのロックを解除する必要があります。

      ロックを解除したり、メモを探したりする手間が省ける今回のテクニック。使い方に慣れてしまえば、メモの起動がスムーズになること請け合いです。ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

      ※動作確認はiPhone XS iOS ver15.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2022年01月20日

      ニュースを今すぐチェック!
      Newsdas

      豊富なジャンルのニュースをお届けするニュースサイト!

      幕末のすべて

      最新ニュース、事典、写真、コラム、クイズ等、幕末に関するすべてが楽しめる情報サイト!

      プロレス/格闘技DX

      プロレス・格闘技界の試合速報、最新ニュースをいち早くお届け!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2022年01月20日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ