写真の撮り方で印象が変わる
フリマアプリで商品写真を上手に撮るコツは?

フリマアプリで商品が売れやすくなるかも。特別な機材不要で上手に写真撮影するコツをまとめてご紹介します。

  • 続きを見る
    • 明るいところで撮影が基本

      メルカリ、ラクマ、PayPayフリマetc. お家で不要になったものをフリマアプリで売る方、増えているのでは。出品した商品に良い印象を持ってもらうには、上手に写真を撮影することも大切です。では、どのようなことに気をつけて撮影すればいいのでしょうか。今回は撮影時に意識したいポイントをいくつかまとめてご紹介します。

      まず写真撮影をする前に商品の汚れを落としたり、シワを伸ばしたりして、商品をできるだけキレイな状態にしましょう。いくら写真が上手に撮れていても、肝心な商品の状態が悪く見えたらなかなか購入する気にはなりませんよね。撮影前にはこの点に十分注意しましょう。

      商品撮影時の基本は、明るい場所で撮ることです。写真が暗いと、なかなか商品が魅力的に見えません。カーテンを開けて自然光を取り込む、部屋の電気を付ける、窓の近くに商品を置くなどして、明るさを確保しましょう。

      ときにはアプリの明るさ調整機能を使って、写真を加工するのも1つのです。しかし、写真の色合いが実物から離れないように気をつけてください。写真と商品の見た目があまりに違うと、購入後のクレームにつながる可能性もあります。

      余計なものは写さない

      商品の背景に気を配ることも重要です。商品と関係のないものや、生活感ある部屋の様子が写ってしまうと印象が悪くなる場合も。商品とは無関係なものが写り込まないようにしましょう。

      商品に合わせて背景の材質やカラーを変えることも大切なポイント。例えば、商品と背景の色が似ていると、商品が見えにくくなってしまいます。商品に合わせて背景を変えてみてください。

      フリマアプリでは、商品写真を複数枚投稿できるはずです。全体のイメージが分かるように引いて撮影した写真に加えて、特に強調したい部分や、ブランドロゴやタグなど、細部にフォーカスした写真を投稿するとより商品の魅力が伝わりやすくなります。また、もし商品に傷や汚れがある場合は、その部分も隠さず撮影し、情報を正しく伝えるようにしましょう。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver15.0、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2021年11月16日

      動物写真で癒されよう♪
      はなデカPET

      かわいい動物たちの写真を使ったスタンプや壁紙、カレンダーで毎日癒されよう!

      PhotoBookCafe

      心を癒す風景や可愛い動物の写真集と、気軽に楽しめる小説・コミック・実用書が見放題!

      有名ペット☆スタンプ

      コイヌコネコや動物画像3万枚以上ぜ~んぶ取り放題♪

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2021年11月16日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ