iPhoneが虫眼鏡に早変わり iOS 15版:拡大鏡アプリを利用する方法

小さな文字が見づらい…そんなときに。iOS 15で使える「拡大鏡」アプリの操作方法を解説します。

  • 続きを見る
    • 拡大鏡を使ってみよう

      iPhoneで使える「拡大鏡」は、iPhoneのカメラを虫眼鏡(ルーペ)のように活用できる機能。新聞や雑誌などの小さな文字を拡大して読みたいときに便利です。iOS 14でも「拡大鏡」機能自体は利用できましたが、iOS 15では「拡大鏡」アプリがデフォルトでインストールされています。基本的な使い方を確認しておきましょう。

      まずは「拡大鏡」アプリの起動方法から。ホーム画面を左にスワイプし続けると「Appライブラリ」が表示されるはず。こちらの検索バーに「拡大鏡」と入力してみましょう。表示された「拡大鏡」をタップすれば、アプリを起動できます。

      「拡大鏡」の使い方はシンプルです。拡大したい場所にカメラを向けた状態で、画面下部にあるスライダーを「+」側に動かすと被写体を拡大表示できます。撮影している物や文字のサイズに合わせて拡大の度合いを調整しましょう。

      写真を撮影して拡大

      被写体を固定したいときは画面下部中央の“シャッターボタン”をタップしてください。

      写真の撮影が行われ、静止した状態の画像を拡大できるようになります。

      スライダー周辺の場所を上にスワイプすると、拡大鏡を使いながら明るさやコントラストを調整したり、フラッシュライトを起動できたりします。

      利用する機能をカスタマイズしたい場合は画面左下の“歯車型アイコン”をタップしてください。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver15.0、Safariにて行っています。 ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。 ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2021年11月14日

      どれが読みたい?
      コミなびSP

      人気話題作も定番作も配信!様々なジャンルのコミックを取り揃えた電子書籍サイト

      コミックマニア

      スマートフォン専用電子書籍サイト

      モビぶっく

      コミック、小説、雑誌、実用書、写真集等の大型電子書籍サイトです。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2021年11月14日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ