iPhoneのカメラモード「スロー」とは? 撮影した動画は元に戻せる??

iPhoneのカメラに搭載されたスローモード。機能の概要をご紹介します。

  • 続きを見る
    • スローモーションで動画撮影

      iPhoneでスローモーション動画を撮影したいときは、標準カメラアプリの“スローモード”をお使いください。特別なアプリは不要で、カメラで捉えた人や物の動きはもちろん、音声もスローモーションで収められます。

      スローモーション動画を撮る方法はとても簡単です。標準カメラアプリを起動して、撮影モードを左右にスワイプ。「スロー」を選びましょう。このまま撮影ボタンをタップするだけでスローモーション動画を撮影できます。

      また、スローモードではビデオ撮影時1秒間あたりの撮影コマ数fps(フレームレート)の変更も可能です。設定を変更する場合は、まず「設定」アプリを開いてください。

      続いて「カメラ」→「スローモーション」の順にタップ。あとは「1080p HD/120fps」「720p HD/240fps」「1080p HD/240fps(高効率)」の中から、お好きな設定を選んでください。

      スロー動画を元に戻す

      「うっかりスローモードで撮影してしまった…」。こんなミスをした経験ありませんか?急いでビデオを撮影した場合、気づかずにモード変更してしまう可能性もありえます。でも、ご安心ください。iPhoneのスローモードで撮影した動画は通常の速度に戻せます。その方法もご紹介しましょう。

      まずはスローで撮影した動画を「写真」アプリで開いてください。続いて「編集」ボタンをタップします。すると、動画をコマ割り表示したスライダ下に、バーが表示されているはずです。こちらのバーではスローモーションの開始位置と終了位置を調整できます。

      白い縦線の間隔が広いエリアはスローモーション、間隔が短いエリアは通常速度で再生されます。バーのスライダをドラッグして、バー全体の白い縦線の間隔が短くなるように調整すると、動画を通常速度に編集可能です。なお、こちらのバーを調整すれば動画の特定部分のみスローモーションにするといった編集もできます。

      うっかりスローモーションで動画を撮影してしまったとき、撮影した動画の一部分だけスローモーションにしたいときなど、ご紹介した方法をぜひお試しください。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver15.0、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2021年11月04日

      動画サイト集めました
      カンテレドーガ

      人気タレントの待受やサインに、競馬予想コラムや、地上波では観られない動画がいっぱい!

      バンダイチャンネル

      無料アニメ動画が2,000本!5800話が対象の月額1000円見放題も!

      ビデオマーケット

      最新ドラマ・アニメ・映画等スマートフォン史上最大の動画本数!無料も大量!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2021年11月04日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ