気温や降水量がマップでわかる!iOS15「天気」アプリの新機能まとめ

必要な情報をサッと確認!iOS 15でアップデートされた「天気」アプリの変更点をご紹介します。

  • 続きを見る
    • 天気情報が一目でわかる

      iOS 15へのアップデートに伴い「天気」アプリが大幅に進化しました。今回の記事では、注目の変更点をまとめてご紹介しましょう。

      アプリを起動すると、現在地の気温や1時間ごとの天気予報を確認できます。画面を下方向にスクロールしていくと、UV指数/体感温度/日の入といった項目が表示されるはず。これらのデータはiOS 14でも確認できましたが、ほとんどが数値だけの表示でした。

      iOS 15ではアイコンやグラフが追加されており、視覚的にわかりやすいデザインへと進化しています。その日の詳細な天気情報を、1つの画面で手軽に把握できるでしょう。

      マップで天気情報をチェック

      画面左下のボタンをタップすると、iOS 15から新しく追加された「天気図」の画面に移動します。「天気図」では、その日の降水量/空気の質/気温といった情報をマップ形式で確認可能。各地域の気温や今後12時間の降水量などが、地図上で色分け表示されます。マップを切り替えたい場合は、画面右上にある“菱形が重なった”ボタンをタップして、表示したい項目を選択すればOKです。

      以上、iOS 15で進化した「天気」アプリの概要をご紹介しました。なお、今回は開発者向けのベータ版「iOS Ver15.0」にて、機能の動作確認を行っています。正式版のiOS 15とは、手順の一部異なる場合があることをご了承ください。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver15.0 beta、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2021年10月7日

      こちらもオススメ
      マリンウェザー海快晴

      海専門の気象情報サイト。全国約8000箇所の天気、潮、風、波の実況と詳しい予報を提供。

      しんちゃんお天気予報

      しんちゃんがかわいいイラストで毎日お天気をお知らせするゾ!

      リアルタイム天気ナビ

      タレントが動画で天気予報!15分前雨雲メールや快眠コンシェルジュで生活サポート!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2021年10月7日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ