勉強や仕事に集中!iOS15の新機能「集中モード」とは

必要な連絡や通知だけを受け取れる!iOS15で使える新機能「集中モード」の概要をご紹介します。

  • 続きを見る
    • 通知をシャットアウト

      iOS15では、さまざまな便利機能が登場しました。今回はその名から、「集中モード」をご紹介しましょう。「集中モード」では、許可していないアプリや連絡先からの通知を制限したり、指定したホーム画面を非表示にしたりといった設定が行えます。休憩や作業に集中したいときに、うってつけの機能です。

      早速、「集中モード」を利用してみましょう。まずは「設定」アプリを開き、「集中モード」をタップしてください。デフォルト設定では「パーソナル」「仕事」「睡眠」といったモードが表示されています。右上の“+”をタップすると、ライフスタイルごとに適したモードを追加可能です。なお、iOS 14で利用できた「おやすみモード」も、「集中モード」に統合されています。

      詳細設定を確認したい場合は、いずれかのモードをタップしてみましょう。画面上部のスイッチ(ラベル)では、モードのオン/オフを自由に設定可能。「通知を許可」では、連絡先やアプリごとに、通知を許可する/許可しないを選択できます。通知が知らされていない旨のメッセージを自動送信する「集中モード状況」をはじめ、細かい設定に対応している点も便利です。

      ホーム画面を隠して集中

      「ホーム画面」からは、モード有効時に画面を表示する/しないを、各画面ごとに指定できます。設定方法は、表示を許可したい画面をタップして、チェックマークを入れるだけでOK。仕事モードでは、プライベート用のアプリにアクセスできる画面を非表示にして集中する…といった使い方ができるでしょう。

      以上、「集中モード」の基本的な機能をご紹介しました。なお、今回は開発者向けのベータ版「iOS Ver15.0」にて、機能の動作確認を行っています。正式版のiOS 15とは、手順の一部異なる場合があることをご了承ください。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver15.0 beta、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2021年10月4日

      勉強のお供に
      広辞苑

      国語+百科の最高峰、信頼と実績の辞書『広辞苑』をあなたのスマホに!

      旺文社辞典

      旺文社の本格辞典12冊が使い放題の辞書総合サイト!!

      翻訳J-SERVER

      翻訳J-SERVERは、語学学習が始められるコミュニケーションサービスです

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2021年10月4日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ