Apple Musicで再生可能!ロスレスオーディオとは?

Apple Musicでロスレス配信がスタート!「それってどういうこと?」という方のために、詳しく解説します。

  • 続きを見る
    • ロスレスとは?

      2021年6月より、Apple Musicがロスレスオーディオに対応しました。ロスレスとは、データの欠損を伴わない圧縮技術のこと。音楽データ圧縮技術の多くはオリジナルの音源ファイルに含まれるデータのうち、一部データを切り捨てて圧縮します。一方で、ロスレスはオリジナルのデータを全部維持したまま圧縮します。

      Appleでは、Apple Lossless Audio Codec (ALAC) という独自のロスレス圧縮技術を開発。Apple Musicで配信される音源全体はAACに加えて、CD品質である16bit/44.1kHz、ハイレゾと呼ばれる96kHz/24bitの解像度で配信されるようになりました。

      Apple MusicのユーザーならiOSを14.6以降にアップデートして設定を済ませば、誰でもロスレス配信で音楽鑑賞を楽しめます。ただ、1点ご注意ください。Bluetooth(R)接続でApple Musicを利用する場合、再生される音源はロスレスではありません。Bluetoothでは音声を伝送する際にデータが圧縮されるためです。AirPods、AirPods Proといった純正のワイヤレスイヤホンでもロスレスオーディオ非対応となっています。

      ロスレスオーディオを楽しみたい方はiPhone内蔵スピーカーから音楽を流すか、有線接続のヘッドホン、イヤホン、電源内蔵スピーカーに接続しましょう。また、サンプルレートが48kHzを上回る曲の場合は外付けのDA (デジタル/アナログ) コンバータが必要です。

      設定方法は?

      Apple Musicでロスレスオーディオを聞けるように設定を変更しましょう。設定の前に、必ずiOSを14.6以降にアップデートしておいてください。

      まず「設定」アプリを開いたら、「ミュージック」をタップしてください。続いて「オーディオの品質」をタップします。あとは「ロスレスオーディオ」をタップして設定をオンにすればOKです。

      また、同じ画面よりモバイル通信やWi-Fi接続時、Apple Musicで音源をダウンロードしてライブラリに保存する場合の音質を選択できます。

      「モバイル通信ストリーミング」では、ロスレス以上の音質に設定しないことをオススメします。その理由は、ロスレスオーディオを再生する場合、データ消費量が膨大になるためです。ロスレスで音楽を聞く、もしくは音楽をダウンロードする場合は、なるべくWi-Fi環境に接続しましょう。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver14.6、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2021年8月5日

      お気に入りの曲あるかな?
      POPTUNE

      POPTUNEで、気になってたあの曲を探そう!

      うごき最強デコメ

      ド派手に動くデコメはココでGET!!存在感バツグンのデコメ取り放題♪

      アニメロミックス

      アニメ・ゲームの楽曲が超充実!人気声優の着信ボイスも大量配信中!無料壁紙取放題!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2021年8月5日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ