うっかりやってない?
枕元でスマホを充電する危険性

寝ている間に“低温やけど”する可能性も…。枕元でスマホを充電するリスクについて解説します。

  • 続きを見る
    • 起きたらスマホが壊れていた…

      朝起きたときバッテリーを満タンにしたいから、スマホを枕元で充電しながら寝ている。そんな方も多いのではないでしょうか。しかしその充電方法、スマホの故障や思いがけない事故につながる可能性があるのです。詳しく解説しましょう。

      ベッドや布団の近くでスマホを充電しながら寝ていると寝返りなどの動きによって、スマホが体の下敷きになる場合があります。体重のかかり方によってはスマホの画面が割れてしまう…といった事故も起こり得るでしょう。

      また、充電ケーブルに負荷がかかる可能性も考えられます。端子部分に負荷がかかり、破損してしまう場合も。壊れたり断線したりしたケーブルで充電を続けると、最悪の場合、スマホが発熱したり発煙を起こしたりする危険もあります。

      “低温やけど”するかも!?

      スマホが原因で起こる“低温やけど”のリスクについても知っておきましょう。スマホを充電していると本体が熱くなることもありますよね。睡眠中、スマホが体の下敷きになって長時間肌に密着し続けると低温やけどを発症してしまうことも…。睡眠中なので、スマホが肌に密着していることに気づきにくい点も厄介です。

      今回の記事では枕元でスマホを充電するリスクについて解説しました。対策としては睡眠中の充電を極力控えることが大切。また、スマホを目覚ましとして利用されている方は、ベッドや布団の近くに転がり落ちない場所に置くことを心掛けてくださいね。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver14.4.2、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2021年7月11日

      夢診断してみよう
      スピリチュアル夢診断

      今日見た夢にも深い意味がある。その驚きを体感してみませんか?

      恋のウォッチャー

      マドモアゼル・愛が占星術、心理、夢診断であなたの運命を解読

      開運夢診断

      約4000種類の夢ワードと豊富な診断メニューで、アナタの見た夢から心を徹底診断!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2021年7月11日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ