iPhoneで開いた画面をMacに即共有!デバイス間で作業を引き継げる「Handoff」機能

iPhoneからMacなどへスムーズに作業を引き継げる!Handoff機能をご紹介します。

  • 続きを見る
    • Handoff機能とは

      iPhoneとMacなど、同じApple IDでログインしているデバイス同士なら、各種アプリの作業をスムーズに引き継げることをご存知でしょうか?この機能をHandoffといいます。どのような使い方ができるのか、具体的にご紹介しましょう。

      例えば、iPhoneのSafariで閲覧しているウェブサイト。これをMacでも見たいと思ったら、サイトのURLをコピーしてパソコンに送って…といった作業は不要です。連携条件を満たした上でiPhoneとMacを近づけると、MacのDock上にHandoffアイコンが表示されます。それをタップすると、iPhoneで開いていたSafariのウェブサイトがそのままMacのSafariで表示されるはずです。

      もちろんその逆も可能。Safariでウェブサイトを開いた状態でiPhoneを近づけてみましょう。iPhoneの画面下部を上にスワイプしてAppスイッチャーを開いてください。すると、画面下部に「○○のMacBookから」といったポップアップが表示されるはず。それをタップすればMacのSafariで開いたウェブサイトをそのままiPhoneで見られるというわけです。

      Handoff機能で作業を引き継げるのはSafariだけではありません。メール/マップ/リマインダー/カレンダー/連絡先などさまざまです。

      設定方法は

      では、どうすればHandoff機能を使えるのでしょうか。連携条件は各デバイスで同じApple IDを使ってiCloudにサインインしていることに加えて、各デバイスでBluetooth/Wi-Fi/Handoffをオンにすることです。

      ここからは、iPhone&MacのHandoffをオンにする方法をご紹介しましょう。iPhoneの場合は「設定」アプリを開いて「一般」をタップ。あとは「AirPlayとHandoff」を開いて、「Handoff」をオンにすればOKです。

      Macの場合はAppleマーク→「システム環境設定」の順にクリック。続いて「一般」を開いて、「このMacとiCloudデバイス間での Handoffを許可」をクリックすれば設定完了です。設定が済んだらHandoffに対応したアプリを開いてデバイス同士を近づけましょう。ぜひ機能を使ってみてくださいね。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver14.4.2、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2021年6月6日

      画面をアレンジしよう♪
      マチウケバブル

      スマホ待ち受け画面に困ったら、このサイトへ!お気に入りの画像が見つかります。

      Mobile CODE

      キラキラかわいいきせかえがたくさん♪スマホ画面もデコっちゃお☆

      待受☆天文ナビ

      美麗な天文写真や人気イラストレーターKAGAYAの待受け画像が取り放題の待受けサイトです!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2021年6月6日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ