画面で見たままの姿を撮影できる! iPhoneで左右反転のセルフィーを撮る方法

iOS 14より左右反転のセルフィー撮影が可能に。鏡で見ている自分の姿をそのまま撮影できます。

  • 続きを見る
    • 左右が逆になる理由

      iPhoneでセルフィーを撮影したとき。画面表示されていた顔と撮影した写真に写った顔が違うように感じたこと、ありませんか?

      その理由は写真の左右が自動で反転しているからです。作例の写真をご覧ください。

      作例1はフロントカメラを起動して画面に写した文字です。鏡に写ったときのように左右が反転しています。作例2は作例1の画面のままシャッターボタンを押して撮影した写真です。画面に写った文字が正しい向きで表示されています。

      つまり、フロントカメラ起動時に画面表示されているのは鏡のように左右反転した姿です。一方で撮影した写真は左右の向きが正しくなっています。これがセルフィーで感じた違和感の原因です。

      鏡に写った姿を撮影するには

      セルフィー撮影時に左右が反転する理由をご説明しました。しかし、メイクをしたり身だしなみを整えたりするとき、鏡を見る人がほとんどですよね。そのため鏡に写った顔や姿をそのまま撮りたい人も多いのでは。

      そんなとき便利なのがiPhoneの「インカメラの左右反転」機能です。こちらはiOS 14から搭載された機能で、セルフィー撮影時に画面表示された顔、つまり鏡に写ったときのように左右反転した写真を撮影できます。

      この機能をオンにするには、まず「設定」アプリを開いてください。続いて「カメラ」をタップしたら「前面カメラを左右反転」をオンにしましょう。これで設定完了です。

      インカメラで撮影すると…。鏡に写ったときのように左右が反転しているはずです。

      なお、iPhone XS、iPhone XR以降の機種では写真に加えて動画撮影でもこちらの機能を利用できます。iPhone 6sからiPhone Xまでの機種では写真撮影時のみ左右を反転できます。自分が見慣れた姿を写真に収めたいとき、ぜひ機能を使ってみてくださいね。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver14.4、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2021年4月24日

      待ち受け画面をアレンジ♪
      my wall~俺の壁紙~

      オシャレでカッコイイ壁紙が取り放題。気分に合わせて待受画面を自分好みにアレンジ☆

      マチウケバブル

      スマホ待ち受け画面に困ったら、このサイトへ!お気に入りの画像が見つかります。

      マチウケ☆大集合

      ここでしか手に入らない完全オリジナル作品満載!「マチウケ☆大集合」

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2021年4月24日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ