プロっぽさ出ます iOS14で「撮りながら露出調整」に挑戦

加工アプリは不要!iOS14のiPhoneなら、写真撮影時に露出を調整できます。

  • 続きを見る
    • iPhon 11以降の場合

      写真の露出(撮影時に取り込まれる光の量)を調整すると、印象をガラリと変えられます。加工アプリなどを使って、露出を調整したことのある方も多いでしょう。でも実は、iPhoneのカメラアプリは写真を撮りながらでも、露出の度合いを変更できるのです。早速、機種別にやり方をご紹介しましょう。

      まずは、iPhoneの標準カメラアプリを起動します。iPhone 11/11 Pro以降の機種をお使いの場合は、撮影画面の上側にある「∧」を選んでください。続けて、シャッターボタン付近に表示されるアイコンの中から「±」をタップします。

      すると、画面下部に“目盛り”が現れるはず。この目盛りを指で押さえたまま左or右に動かせば、明るい+2.0から暗い-2.0までの範囲で、露出のレベルを調整できます。調整が完了したら、あとは写真を撮影すればOKです。

      調整した露出のレベルを、iPhoneに“記憶”させておくこともできます。「設定」アプリを起動して、「カメラ」→「設定を保持」の順に選択。「露出調整」の右にあるスイッチ(ラベル)をオンにしましょう。この状態でカメラアプリを起動すると、前回の撮影で設定した露出レベルをそのまま利用して、写真を撮れますよ。

      その他のiPhoneは?

      iPhone 11より前の機種をお使いの方は、撮影画面上で任意のエリアをタップしてください。表示される“太陽のアイコン”を上or下に動かせば、露出レベルを調整できます。なお、iPhone 11より前の機種では、残念ながら露出レベルの「設定を保持」機能は利用できません。ご了承ください。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver14.3、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2021年1月21日

      プロに聞いてみよう
      E・レシピ

      プロの料理研究家や栄養士がレシピを制作。美味しくて栄養も考えられたレシピをご紹介♪

      釣りキング

      つり人社監修、全国の最新釣果情報・Q&A・バスプロに訊け!など釣り人必見のサービス

      決断のプロ◆天かいり

      『全部図星。怖ッ!』3万人がドハマリ◆3秒で核心貫く凄技占い師

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2021年1月21日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ