プライバシーが気になる方へ アプリごとに位置情報サービスの利用をオン/オフする方法

位置情報サービスの利用許可を、アプリごとに変更する方法。iPhone/Android別に解説します。

  • 続きを見る
    • iPhoneの場合

      新しくインストールしたアプリを起動したとき。「位置情報の利用を許可しますか?」といった通知が表示されること、ありますよね。その設定、実は後からでも変更できるのです。位置情報サービスの利用をアプリごとに変更する方法、iPhone/Android™でそれぞれご紹介しましょう。

      まずはiPhoneのやり方から。最初に「設定」アプリを開いたら、「プライバシー」→「位置情報サービス」の順に選んでください。「位置情報サービス」の右にあるスイッチ(ラベル)がオンになっていれば、アプリ別のアクセス許可状態を確認できます。設定を変えたいアプリがあったら、それを選択。「位置情報を許可」欄からアクセス許可状態を変更しましょう。

      同じ画面に表示されている「正確な位置情報」という項目。こちらのスイッチ(ラベル)をオフにすると、詳細な情報ではなく、おおよその位置情報がアプリに共有されるように。現在地がわかるような、細かい位置情報はシェアされなくなります。「居場所を知られたくない…」という方は、ぜひ設定してみてはいかがでしょうか。

      便利な情報を重ねて表示

      Androidでは、機種によって手順の異なる場合があります。今回はXperia 1™を用いて、やり方の一例を解説しましょう。

      はじめに「設定」アプリを起動して、「ロック画面とセキュリティ」をタップしてください。続けて、プライバシー欄にある「位置情報」を選択。

      「アプリレベルの権限」をタップすれば、各アプリの位置情報許可状態をチェックできます。位置情報を共有したくないアプリを見つけたら、その右にあるスイッチ(ラベル)をオフにすればOKです。

      どうしても必要なシーン以外では、なるべく位置情報を知られたくない…。そんな方は、使用しているアプリの許可設定を、ぜひ一度見直してみませんか?

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver14.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2020年12月13日

      言葉のお勉強に♪
      全辞書一括検索JLogos

      100冊以上の専門辞書・辞典群から一括検索できます。医療やグルメ、雑学も充実。

      旺文社辞典

      旺文社の本格辞典12冊が使い放題の辞書総合サイト!!

      広辞苑

      国語+百科の最高峰、信頼と実績の辞書『広辞苑』をあなたのスマホに!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2020年12月13日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ