プロフィールアイコンに設定できる LINEで写真から自分そっくりな「アバター」を作ってみよう

プロフィールアイコンや背景画像、写真のデコレーションに使える!LINEでアバターを作る方法、ご紹介します。

  • 続きを見る
    • どんな使い道があるの?

      LINEでアバターを作れる機能が新たに追加されたこと、ご存知でしょうか。顔写真をもとに、自分そっくりな3Dのアニメーションアバターを作成できます。

      インカメラで撮影するとアバターが自動生成される仕組みですが、ヘアスタイル/輪郭/目/鼻/口といったパーツはもちろん、トップス/ボトムス/靴/ヘアアクセサリーなど、コスチュームも自由自在にカスタマイズ可能です。

      完成したアバターは、プロフィールアイコンに設定したり、プロフィールの背景画面に表示させたりできます。自分の顔写真をプロフィールに設定するのは「恥ずかしい…」という方に、ぜひおすすめです。

      さらに、LINEでカメラを立ち上げると、作成したアバターを現実世界に登場させて作例のような写真を撮影できます。自分の顔をアバターに変更して撮影することも可能です。目を開いたり、口を大きく開けたりといった実際の表情の動きに合わせて、アバターの表情が動くのもとてもユニークです。

      作成方法は?

      ここからは、アバターの作成方法をご紹介しましょう。

      LINEを開いたら、「ホーム」タブを選択し、自分のアイコンもしくは名前をタップしましょう。続いて、「アバター」→「作成」の順にタップ。

      一度もアバターを作成したことがなければ、カメラが起動するはずです。あとは、指示に従って顔を画面のフレームに収め、シャッターボタンを押してください。アバターが自動生成されます。

      「編集」をタップすれば、表情や髪型、服装などを細かく調整できます。好みのアバターに仕上がったら、「完了」をタップしましょう。

      アバターをプロフィールアイコンに設定したい場合は、プロフィール画面でいま設定しているアイコン→「編集」の順にタップしてください。次に表示された選択肢の中から、「アバターを選択」をタップして画面の指示に従えば、アバターをプロフィールアイコンに設定可能です。

      また、トーク内やタイムライン、ストーリーからカメラを立ち上げ、画面下に表示される「アバター」を選択すると、撮影画面内にアバターが出現したり、自分の顔をアバターにして撮影できたりします。ぜひ遊んでみてくださいね。

      [アプリ]
      LINE
      [アプリ]
      LINE

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver14.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2020年12月8日

      本当の自分が見つかるかも
      サツキメイの星レター

      あなたの心に届く占い。自分を見失わないための答えがみつかる!

      動物キャラナビ

      生年月日・性別から動物キャラクターを当てはめ、自分や相手の本質・特徴を的確に分析!

      体と心のマニュアル

      自分の体と心、わかっていますか?恋愛で苦しんでませんか?そんなときに使ってください。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2020年12月8日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ