あなたの写真をゴッホ/ムンク/北斎ほか巨匠のタッチに変換する方法

ゴッホ/ムンク/北斎etc. あなたの写真を名だたる巨匠たちの絵画風にアレンジしてみませんか?

  • 続きを見る
    • アート作品風に加工しよう

      世界80か国、2,000以上の美術館や博物館の作品をスマホで楽しめるGoogle製の無料アプリ「Google Arts&Culture」。有名美術館のオンライン展示や、歴史的な名画のAR表示を楽しめるアプリですが…。今回ご紹介したいのは、「Art Transfer」。撮影した写真を有名な芸術作品風にアレンジできる加工機能です。

      アプリには、ムンク/ゴッホ/レオナルド・ダ・ヴィンチなどの作品風フィルタが用意されており、それをスマホで撮影した写真に適用できます。詳しい使い方を説明する前に、作例をご覧ください。ワンちゃんの写真をムンクの叫び、ゴッホの自画像風に加工してみました。ムンクとゴッホの特長的な色づかいや筆のタッチが見事に反映されていますね。

      使い方は簡単!

      「Art Transfer」機能の使い方はとても簡単。「Google Arts&Culture」アプリを開いて、画面下部の中央にある写真アイコンをタップしてください。次に「Art Transfer」を選択すると、インカメラが起動します。ここで加工用の写真を撮影しましょう。もちろん、すでに撮影済みの写真を選んで加工することもできますよ。

      写真を撮影もしくは、カメラロールから選択したあとは、用意されたフィルタを選ぶだけです。2020年10月下旬時点で、フィルタの数は30種類以上。上記でご紹介した以外には、キース・ヘリングやアンディ・ウォーホル、日本からは葛飾北斎のフィルタなどをラインナップしています。どんなものが用意されているか、実際にアプリを開いてぜひチェックしてみてください。

      アプリで加工した写真は、スマホに保存したり、SNSで共有したりできます。セルフィーを加工して、SNSのアイコンにしてみるのもよさそうですね。まだアプリをお持ちでない方は、ぜひインストールしてみてはいかがでしょうか。

      [アプリ]
      Google Arts & Culture
      [アプリ]
      Google Arts & Culture

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver14.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2020年11月19日

      芸術の秋
      待受アートパラダイス

      ラッセン、ツバキアンナ、上条衿など、国内外の有名アートが取り放題!

      おしぼりアート倶楽部

      話題沸騰!「おしぼりアート」の詳しい作り方を紹介します

      アートインデックス

      アート系の待受を集めた総合アートサイト!!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2020年11月19日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ