サクッと動画&音量ボタンで連射 iOS14で使える写真撮影の便利技

どんなところが変わった?iOS 14で進化したiPhone純正「カメラ」アプリ、一部機能をご紹介します。

  • 続きを見る
    • すぐに動画を撮影できる

      iPhoneの「カメラ」アプリで使える機能、「QuickTake」をご存知でしょうか。こちらは、カメラのモードを切り替えなくても、動画撮影をすぐに始められる機能です。

      これまではiPhone 11にしか搭載されていませんでしたが…。iOS 14にアップデートしたiPhone XS、iPhone XR以降のデバイスでも利用できるようになりました。

      具体的な機能の使い方をご紹介しましょう。といっても、写真モードを選択しているときに、シャッターボタンを長押しするだけです。ボタンを押している間、動画を撮影し続けます。

      指を離しても動画撮影を続行したい場合は、シャッターボタンを長押ししたまま、右側にある丸い枠までドラッグしてください。すると、指を離しても撮影は続行されます。

      また、iPhoneの音量を上げる/下げるボタンを長押しすると、「QuickTake」機能を使って動画を撮影可能です。この場合も、指を離すと撮影が停止します。

      連写の操作はどうなった?

      これまでのiPhoneでは、「カメラ」アプリでシャッターボタンを長押しすると、その間に写真を連写できましたよね。しかし、その操作をすると上記でご紹介した通り、「QuickTake」で動画撮影が始まってしまいます。iOS 14にアップデートしたiPhone XS、iPhone XR以降のデバイスでは、どうすれば連写できるのでしょうか。

      連写するには、シャッターボタンを画面左側にスワイプしたあと、そのまま長押しすればOKです。指を押している間、写真を撮り続けます。ただこの操作、一度お試しいただければ分かると思いますが、なかなか難しいんですよね(笑)。

      「どうしても操作できない!」とお困りなら、設定を変更しましょう。

      まず「設定」アプリを開きます。次に、「カメラ」をタップして、「音量を上げるボタンをバーストに使用」のスイッチ(ラベル)をオンにしてください。これで、音量を上げるボタンを長押しすると、連写できるようになります。音量を下げるボタンを長押しすると、「QuickTake」で動画を撮影できます。

      「カメラ」アプリをもっと便利に使いたい方、アップデート後の仕様変更でお困りの方。ぜひ記事を参考にしてみてください。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver14.0.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2020年11月5日

      便利サービス集めました
      カラオケの鉄人モバイル

      デジタルコンテンツ配信サイトです。リアル店舗と融合したサービスも提供しています。

      タクシーサイト

      全国どこでもタクシーが呼べる、料金がわかる!便利なタクシー情報サイト

      絶好釣.com

      全国の最新釣果を毎日更新!便利なメールサービスも有り!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2020年11月5日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ