使い方をマスターしよう!スマホ版「Google Meet」でビデオ会議を開始する方法

ビデオ会議ツール「Google Meet™」をスマホで使う方法をご紹介します。

  • 続きを見る
    • 会議を始める方法

      Googleが提供するビデオ会議ツール「Google Meet」を使ったことはありますか? Google アカウントをお持ちであれば、パソコンはもちろん、iPhone/Androidスマホでも利用可能です。利用プランは料金別で3つ用意されており、無料版でも最長1時間(2020年9月30日までは最長24時間)、最高100人まで参加できる会議を行えます。

      「Gmail™」や「Google カレンダー™」から会議を作成したり、参加者を招待できたりと、優れた使いやすさもおすすめしたいポイントの1つです。また、通信はすべて暗号化されているため、安全性にも優れています。今回は、そんな「Google Meet」をスマホで使う方法をご紹介しましょう。この記事ではiOS版アプリで手順をご紹介していきますが、Android™版でも手順はほぼ同様です。是非参考にされてください。

      まずは「Google Meet」アプリから、会議を開始してみましょう。やり方はとても簡単。インストール後にアプリを開いたら、カメラとマイクへのアクセスを許可しましょう。続いて、Google アカウントでログインすれば準備は完了。

      「+新しい会議」をタップして、会議を開始しましょう。ほかのユーザーを招待する場合は、「i」タブをタップ。「参加に必要な情報」という項目の下に表示されている「共有」をタップしてから、メール/LINE/メッセージなどで会議のURLを送信して、参加をリクエストしましょう。

      招待されたユーザーが、すでに「Google Meet」アプリをお持ちなら、送信されたURLをクリックするだけで会議に参加できます。

      カレンダーから会議を作成

      「Google カレンダー」アプリから会議のスケジュールを設定することも可能です。

      まずは、「Google カレンダー」を開いて、新規スケジュールを作成してください。「打ち合わせ」など任意のタイトルを入力して時間を設定したら、「ビデオ会議を追加」をタップ。

      続いて「ゲストを追加」を選択して、会議に招待するメンバーを追加しましょう。

      あとは、「完了」をタップすればOK。招待したメンバーの「Google カレンダー」にも会議のスケジュールが追加され、「Gmail」宛にも招待された旨を知らせるメールが届くはずです。

      共有された側は、送られてきた会議のURLを「Google カレンダー」もしくは「Gmail」から開くだけで会議に参加できますよ。ぜひお試しください。

      [アプリ]
      Google Meet
      [アプリ]
      Google Meet

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver13.5.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2020年7月23日

      動画見るなら
      ビデオマーケット

      最新ドラマ・アニメ・映画等スマートフォン史上最大の動画本数!無料も大量!

      バンダイチャンネル

      無料アニメ動画が2,000本!5800話が対象の月額1000円見放題も!

      動画だいすき

      【アニメ】【スポーツ】【グラビア】【パチンコ・パチスロ】動画が見放題!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2020年7月23日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ