世界初のかざすAI図鑑 LINNÉ LENS

スマホをかざすと生き物の名前がわかる!?かざすAI図鑑「LINNÉ LENS」をご紹介します。

  • 続きを見る
    • 生き物にスマホをかざすだけ!

      動物園/水族館/公園などで珍しい生き物を見つけたとき。「この動物はどんな名前なんだろう?」と気になったこと、ありますよね。今回はそんな疑問をすぐに解決できるアプリ「LINNÉ LENS(リンネレンズ)」をご紹介しましょう。

      “かざすAI図鑑”をコンセプトにした「LINNÉ LENS」は、およそ10,000種もの生き物名を瞬時に教えてくれるアプリです。使い方は、目の前にいる動物に向けてスマホのカメラをかざすだけ。AIが生き物を自動認識&その場で分析し、生き物の名前を画面に表示します。

      特長として挙げられるのがその認識性能の高さです。魚類や哺乳類に加えて、鳥類/両生類/爬虫類etc. 日本の水族館と動物園にいる生物のほとんどを認識可能。そのほか犬や猫の品種分析にも対応しています。

      自分だけの動物図鑑を作ろう

      「ヒストリー」画面では、「LINNÉ LENS」で認識した動物に関するさまざまなデータをチェック可能です。生態や分布などを確認できるほか、絶滅危険度/その生き物がいる施設といった情報も把握できます。

      オンライン/オフラインを問わず、サーチ機能を利用できる点も魅力的。電波の届かない山奥や水中、海外旅行といったシーンでも活躍してくれるでしょう。

      無料お試し版では1日10種まで、有料プランでは回数無制限でサーチ機能をご利用いただけます。「LINNÉ LENS」アプリは下記リンク先からダウンロードできますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

      [アプリ]
      LINNÉ LENS
      [アプリ]
      LINNÉ LENS

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver13.3.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2020年3月29日

      〇〇調べてみよう
      ノムコム

      ≪スマホでカンタン検索≫写真も充実!マンション・一戸建てなど不動産情報ならノムコム

      ジョブリンク

      全国の派遣求人情報を毎日更新中!希望条件で簡単検索&応募OK!

      図書館検索「カーリル」

      ご自宅や学校の近くの図書館の本をまとめて検索できます。カーリルで図書館を活用しよう!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2020年3月29日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ