画面ロックを解除できないイライラが解消するかも マスク着用時にiOSのFace IDで顔認証するコツ

マスク着用時のイライラを軽減。マスクを外さなくても、Face IDでロック解除するコツをご紹介しましょう。

  • 続きを見る
    • マスクを着用したまま顔認証

      花粉症対策に風邪予防にと、マスクを付ける機会が増える冬。ただ、Face ID対応のiPhoneを使っていると、顔認証で画面ロックを解除できなかったり、Apple Payでお支払いの際に本人確認できなかったり、なにかと困る場面も多いです。

      諦めてパスコード入力する or 顔が隠れないようにマスクを外せば良いのですが、日常生活の中でFace IDを利用する機会は非常に多いため、マスクをつけたり外したりを繰り返すのは、かなり手間。便利なはずの機能が不便を生んでいる状況になります。

      ただ、マスクを完全に口元まで下さなくても、顔認証をクリアするコツがあります。それは、鼻全体を見えるようにするという方法です。実際に、マスクを装着した状態で、画面ロックを解除できるかチャレンジしてみたところ…。

      鼻と口がマスクで完全に隠れている状態では、当然ながら認証できませんでした。一方、鼻全体が見える位置まで、マスクを少しだけ下げてみると、顔認証に成功!画面ロックを解除できました。

      それでもダメなら…

      鼻まで見せても認証できなかった場合は、そのままパスコードを入力して、画面ロックを解除してください。

      Face IDでは、メイクを変えた、ヒゲを生やしたといった外見の変化に対応するために、パスコードで本人確認をしたあと、容貌・外見を学習します。そのため、「鼻までマスクを下げた状態で顔認証にチャレンジ→認証不可ならパスコード入力でロック解除」という動作を繰り返せば、顔のデータが更新されていくのです。

      それでも認証できない場合は、最終手段として“もう一つの容姿”を設定しましょう。Face IDでは、最初に登録した顔に加えて、別の容姿を登録できます。登録手順は、「設定」アプリを開き、「Face IDとパスコード」→「もう一つの容姿をセットアップ」をタップすればOK。マスクを装着して鼻まで下した状態で顔を登録してください。「顔の認識が妨げられています」と注意が表示されても、そのまま登録しましょう。

      全くマスクに手を触れないわけではありませんが、鼻全体が見えるようにする方法は、口元までマスクを下す手間に比べたら、楽。顔認証できずにお困りの方は、ぜひお試しください。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver13.3、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2020年1月20日

      不安をスッキリ解消
      大阪玉造の母マツコ

      関西随一と噂の凄腕占師マツコが、時に厳しくも愛を持って悩みや不安を解消します

      本格運勢占い

      本格的な診断術を使った占いサイト。毎日の心配ごとを解消。

      宿縁の絆

      最適な恋愛の仕方を知り、目に見えない不安を解消!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2020年1月20日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ