バッテリー寿命を延ばせる? iOS 13から登場した「最適化されたバッテリー充電」とは

バッテリー残量80%で充電がストップ?iOS 13の新機能「最適化されたバッテリー充電」についてご紹介します。

  • 続きを見る
    • バッテリー寿命を延ばす

      iOS 13にアップデート後、「次にiPhoneを使い始める直前まで80%を超える充電を保留します」といった通知を見かけた方、いらっしゃいませんか?これは、バッテリー寿命を延ばす新機能「最適化されたバッテリー充電」が作動している証です。機能について詳しくご説明しましょう。

      「最適化されたバッテリー充電」をオンにすると、iPhoneが毎日の充電傾向を機械学習によって把握します。例えば、「夜12時に充電を開始して、朝8時から使い始める」といった習慣を学習したとしましょう。すると、その学習パターンに基づいて、バッテリー残量80%に達すると充電がストップ。使い始める朝8時にバッテリー残量100%となるよう、ベストなタイミングで充電が再開されるようになるのです。

      なぜ充電を一度保留するのでしょうか。その理由は、バッテリーにとって好ましくない長時間のフル充電状態を回避して、劣化を軽減させるためです。なお、「最適化されたバッテリー充電」は、ある程度長い時間、充電されるだろうと予測されるときのみ作動します。バッテリー残量80%で、常に充電がストップするわけではないのでご安心ください。

      機能をオフにするには?

      自動学習した情報に基づき、充電時間をコントロールしてくれる「最適化されたバッテリー充電」。便利な機能ではありますが…。例えば、いつもより早めに起きたときに、「充電がまだ終わっていなかった!」といったケースも考えられます。そこで、機能をオフにしたい方に向けて、そのやり方をご紹介しましょう。

      設定変更方法はとても簡単です。「設定」アプリを開いたら、「バッテリー」→「バッテリーの状態」の順番にタップしてください。あとは、「最適化されたバッテリー充電」のスイッチ(ラベル)をオフにすればOKです。

      デフォルトでは、「最適化されたバッテリー充電」はオンになっています。利用する必要がない方は、ぜひ上記の方法をお試しください。

      [サイト]
      iPhone の
      「最適化されたバッテリー充電」
      について

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver13.2.3、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2020年1月4日

      バッテリー探すなら
      ナビポタ.com

      ポータブルナビゲーション、モバイルバッテリーのナビポタ.com

      オークファン

      ヤフオク!・Amazon・楽天などの商品を一括比較。安く買う/高く売るなら【オークファン】

      LOHACO

      アスクル株式会社の運営するインターネット通販サービス「LOHACO」の公式アプリです。

      LOHACO

      アスクル株式会社の運営するインターネット通販サービス「LOHACO」の公式アプリです。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2020年1月4日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ