スマホカメラの映像に道案内がリアルタイムで表示される!Google マップのARナビ

“方向音痴”な方は必見!スマホカメラで映した風景に経路を表示するGoogle マップ™のARナビ、使い方をご紹介します。

  • 続きを見る
    • 「ライブビュー」の起動方法

      Google マップにARナビ「ライブビュー」機能が搭載されました。こちらはAR(拡張現実)を利用した機能です。ストリートビュー対応エリアの風景をスマホカメラで映すと、画面上に進むべき方向などが矢印で表示され、経路案内をより分かりやすくサポートしてくれます。

      「ライブビュー」は、ARKitまたはARCoreに対応したiPhone/Android™で利用可能です。早速、機能の使い方をご紹介しましょう。

      Google マップを起動したら目的地を入力し、「経路」をタップします。「ライブビュー」は徒歩でのナビゲーション時のみ利用できるので、画面上部の「徒歩」タブを選択。続いて「ライブビュー」ボタンをタップしましょう。これで準備完了です。

      どのように表示される?

      「ライブビュー」を起動したら、周囲の建物や看板にスマホカメラを向けましょう。現在地が特定されると、画面上に進行方向や行き先に関する情報が表示されます。

      曲がり角に差し掛かるとスマホが振動し、画面に矢印が登場。これなら、進むべき方向が一目瞭然ですね。

      なお、「ライブビュー」を起動して画面を進行方向に向けたまま移動すると、画面上に警告が表示されます。安全のため「ライブビュー」を利用しながら移動するのは避けてください。

      ナビゲーション開始直後で進む方向が分からないときや、複雑な交差点で道に迷ってしまったときなどで、利用されることをオススメします。

      [アプリ]
      Google マップ
      [アプリ]
      Google マップ

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver13.1.3、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2019年11月20日

      リアルタイムに情報チェック
      リアルタイム天気ナビ

      タレントが動画で天気予報!15分前雨雲メールや快眠コンシェルジュで生活サポート!

      読売巨人軍公式サイト

      読売巨人軍の公式WEBサイト。リアルタイム試合速報、選手情報、ニュースなどが満載です。

      ユメモバ!

      アーティスト・タレントが作成したメールをリアルタイムで配信!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2019年11月20日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ