スマホ失くしたら電子マネーが!紛失モードでApple Payを、リモートロックでおサイフケータイのお金を守る

スマホを紛失した時に、Apple Payやおサイフケータイの不正利用を防ぐには…。その対処方法をご紹介します。

  • 続きを見る
    • iPhoneの場合

      便利なスマホ決済ですが、もしスマホを紛失したら、拾った人に使われてしまう可能性も。紛失した時はどうすれば良いか、対応方法をチェックしておきましょう。

      iPhoneの場合は「iPhoneを探す」の紛失モードをお使いください。こちらは、他人が個人情報にアクセスできないようデバイスにロックをかけたり、位置情報の変化を追跡したりできるモードです。もちろん、Apple Payを使ったお支払いもできなくなります。

      なお、ご利用には事前設定が必要です。「設定」アプリより、画面上部の「ユーザー名」→「探す」の順にタップして、「iPhoneを探す」を必ずオンにしてください。すると、お使いのiPhoneをなくした場合に、「iCloud.com」もしくは、別のApple製デバイスで開いた「探す」アプリより、iPhoneを紛失モードにできます。続いて、その方法をご紹介しましょう。

      パソコンなどで「iCloud.com」にサインインして、「iPhoneを探す」を開いてください。iPhoneの現在地が地図上に表示されたら、「i」ボタン→「紛失モード」の順番にクリックしましょう。連絡先として画面表示したい電話番号やカスタムメッセージを設定すると、紛失モードがオンになります。

      お使いのiPhoneが手元に戻ってきたら、設定したパスコードでロックを解除するか、「iCloud.com」から紛失モードをオフにしましょう。

      Android™の場合

      Androidで使えるおサイフケータイでは、事前に登録したメールアドレスから、お使いのスマホにメールすることでお支払いをリモートロックできます。ここでは、機能を利用するための設定方法をご紹介しましょう。なお、Androidでは機種によって設定方法が異なる場合もありますが、今回は一例としてXperia™ XZ2を使用します。

      まずは、「おサイフケータイ」アプリを開き、画面右上の“鍵型ボタン”をタップ。設定画面に移動したら「メールリモートロック」を選択し、操作用暗証番号を入力してください。続いて、「有効にする」にチェックを入れましょう。

      ここまで済んだら、リモートロックを実行するメールアドレスを登録します。「登録メールアドレス1」という項目を選択して、アドレスを設定していきましょう。アドレスは2つまで登録可能です。

      アドレスの入力が完了して「保存」→「OK」をタップすると、「確認メールが送信されました」と表示されます。先ほど登録したアドレス宛に設定完了メールが届いているはず。そのメール内には、おサイフケータイをリモートロックする詳しい手順が記載されています。

      その手順に従ってメールを送信すれば、おサイフケータイの機能を停止可能です。設定完了メールは大切に保存するようにしましょう。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver13.1.2、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2019年10月29日

      お金の悩みに
      節約家計簿

      24時間、いつでも、どこでも、家計簿が付けられるサービスです。

      金持ち父さんのCFG

      投資・会計の基礎知識、お金に対する考え方をゲームで学んで経済的自由を手に入れよう!

      金運風水

      25万人が利用!中国最古の占術で金運すべての悩みを断つ!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2019年10月29日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ