“写真だけじゃない!連絡先やURLもOK!AirDrop、Android Beamで共有できるもの

写真のやり取りに便利なAirDropやAndroid ビーム。写真以外にも、さまざまなものを送信できることをご存知ですか?

  • 続きを見る
    • AirDropの使い方

      近くにいる人に写真をサクッと送りたいとき。iOSのAirDrop/Android™のAndroid ビームを利用すると、手軽にデータ共有できて便利ですよね。

      実はこれらの機能、送信できるのは写真だけではありません。連絡先/ウェブサイトのURL/メモ帳など、さまざまなコンテンツを共有可能です。そこで今回は、いま閲覧しているウェブサイトのURLを共有する場合を例に、AirDropの使い方をご紹介しましょう。

      やり方は簡単です。まずは、共有したいウェブサイトの下部にある、“四角から矢印”が飛び出たボタンをタップ。続いて、表示されたメニュー画面より、コンテンツの共有相手となるユーザーのアイコンをタップしてください。相手側がコンテンツの共有を受け入れると、そのウェブサイトが自動的にSafariで表示されるはずです。

      AirDropで共有できるコンテンツは、冒頭で挙げた以外にも、ボイスメモ/Apple Musicで作成したプレイリスト/「マップ」や「Google マップ」で確認できる特定スポットの位置情報などがあります。送信方法は、これまでにご紹介したやり方とほぼ同様です。ぜひお試しください。

      Android ビームの使い方

      NFC(近距離無線通信)対応のスマホ同士を近づけて、データをやり取りできるAndroid ビーム。ここでは、Xperia™ XZ2を利用して、連絡先を共有する手順をご紹介しましょう。

      まずは「連絡先」アプリより、共有したい連絡先を開いてください。続いて、画面右上の“点が縦に3つ”並んだボタンをタップ→「共有」の順にタップ。あとは、表示されたメニューの中から、「Android ビーム」を選択し、送信/受信側のスマホ同士の背面を向かい合わせればOKです。

      Android ビームで共有できるコンテンツは、写真/動画/閲覧しているウェブサイトのURL/Google Play ストアのアプリ詳細画面などです。友だちや家族にすぐ教えたいウェブサイトやアプリがあるときに、ぜひ利用してみてくださいね。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver12.4、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2019年9月14日

      写真を加工!
      フォトデコレ

      写真加工からアルバム保存まで一貫して行える!LINEで使えるスタンプもつくれちゃう★

      写メ安心君

      あなたの大切な写真、悪用から守ります!安心して写真のやりとりができますよ♪

      Digipri(デジプリ)

      スマートフォンアプリで、簡単に写真プリントや、年賀状印刷が注文できます。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2019年9月14日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ