“今さら聞けない。…でもマスターしたい!スピーディーなフリック入力を実現するコツまとめ

文字入力をもっとスムーズに!今さら聞きづらいフリック入力のコツ、まとめてご紹介します。

  • 続きを見る
    • 連打せずサクッと入力!

      スマートフォンのキーボード上で、指を十時方向に滑らせる“フリック入力”。フィーチャーフォンのテンキーでもおなじみの“トグル入力”とは異なり、同じキーを連打せずとも効率的に文字を入力できます。

      今ではすっかり普及した入力方法ではありますが、「実はまだマスターしてなくて…」という方もいらっしゃるはず。そこで今回は、iPhone/Androidに共通するフリック入力のコツをご紹介しましょう。

      フリック入力では、キーをタップしたままにすると入力できる文字が花びら状に展開されます。例えば「あ」キーでは、周囲に「い」「う」「え」「お」が出現。入力したい文字の方向に指を滑らせることで、それを入力可能です。各文字は展開せずとも入力できるので、配置を確認したいときだけ活用すると良いでしょう。

      もう1つ、覚えておきたいのが、上方向にフリックすると母音が「ウ」の文字を入力できること。一方、下方向にフリックすると「オ」になります。残る左右は「イ」と「エ」です。つまり、母音は9時方向を先頭に、時計回りで割り当てられています。

      これらの法則は、「た」行や「ま」行などでも共通。これさえ知っていれば、スムーズにフリック入力を習得できるでしょう。

      …ただし、「や」行と「わ」行では入力の法則が少々異なります。前者の左方向は“カギ括弧開く”、右方向は“カギ括弧閉じ”。後者の左方向は音引き“ー”となります。ぜひ覚えておいてくださいね。

      手元を見ないようにしよう

      高速でフリック入力するためには、手元のキーボードを見ないことも重要です。

      確認すべきは、文字が入力されるカーソルの位置や変換候補。スマートフォン版の“タッチタイピング”ともいえるでしょう。ミスタイプしてしまった場合も、即座に確認&修正が可能となります。

      予測変換候補を利用すれば、ミスが起こる前に目的の単語を入力できることも。例えば「様々」と入力したい場合は、「さま」と入力した時点で変換が可能です。

      同じ文字の連続入力が可能になる「フリックのみ」設定や、定型文の辞書登録なども高速入力には便利なTIPSです。フリック入力と併用されたい方は、下記リンク先の記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

      [サイト]
      同じ文字の連続入力も簡単!
      キーボードは「フリックのみ」
      にしませんか?
      [サイト]
      秒速で返信できる裏技!?
      よく使う返事は
      “辞書”に登録しておこう

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver12.4、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2019年9月9日

      辞書で検索!
      旺文社辞典

      旺文社の本格辞典12冊が使い放題の辞書総合サイト!!

      辞書と旅会話

      英和・和英・国語辞典と、海外旅行に役立つ会話帳18ヶ国分が使い放題のサービスです。

      全辞書一括検索JLogos

      100冊以上の専門辞書・辞典群から一括検索できます。医療やグルメ、雑学も充実。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2019年9月9日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ