iPhone/Android™のさまざまな画面を拡大表示!字が読みづらい…という悩みを解消する「ズーム機能」

文字が読みづらいときに便利な、ズーム機能。iPhone/Androidそれぞれ、使い方をご紹介します!

  • 続きを見る
    • iPhoneの場合

      スマホを使用中、文字が小さくて「読みづらい…」と感じたとき。SafariやChromeを操作中であれば、画面をピンチアウトして拡大するのが有効です。しかし、ホーム画面や「設定」アプリ上の文字は、この方法だと拡大できません。

      そんなときは“ズーム機能”をオススメします。こちらを利用すると、より多くの画面を拡大可能に。iPhone/Androidそれぞれで、やり方をご紹介しましょう。

      iPhoneの場合は、「設定」アプリを開いて「一般」をタップ。続いて、「アクセシビリティ」→「ズーム機能」の順に選択しましょう。

      次の画面では、「ズーム機能」の横にあるスイッチ(ラベル)をオンにしてください。すると、画面上に“拡大ウィンドウ”が表示されるはずです。

      ウィンドウを移動するときは、ウィンドウの枠or下部にある“つまみ”をタップしたままドラッグします。ウィンドウを固定したまま拡大部分を移動したいときは、画面を3本指でスワイプしてください。この際、スワイプする場所はウィンドウの外でも構いません。

      拡大率を調整する際は、画面を3本指で2回タップしたあと、指を押さえたまま上下にスワイプすればOK。ウィンドウを非表示にしたい場合は、画面を3本指で2回タップしましょう。ウィンドウを再表示する際も、操作は同様です。

      Androidの場合

      Androidでは、機種によって設定手順が異なる場合も。今回は一例として、Xperia XZ2™でのやり方をご紹介しましょう。

      「設定」アプリを開いたら、「ユーザー補助」→「拡大操作」の順にタップ。続いて「トリプルタップで拡大」を選択しましょう。

      あとは、「サービスの使用」をオンにすれば設定完了です。

      画面を素早く3回タップすると、その箇所を中心に画面が拡大されます。ズーム中に画面をピンチイン/ピンチアウトすると拡大率を調整できます。

      拡大範囲を移動したい場合は、画面を2本指でスワイプしましょう。ズームを終了したいときは、3回タップすればOKです。

      小さな文字を快適に読みたいときに役立つ、文字ズーム機能。ご自身で活用するのはもちろん、「最近目が悪くなってきた…」というご家族にも、ぜひレクチャーしてあげてくださいね。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver12.3.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2019年7月8日

      読むのが好き?
      BOOKSMART

      本屋さんが本気で作った電子書店。無料立ち読みも充実!

      BookLive!

      国内No.1総合電子書籍サイト 無料小説・コミック多数配信!

      スマートブックストア

      話題作、人気作が勢揃い!コミック・小説・実用書などを取り扱う電子書籍ストア!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2019年7月8日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ