Android/iPhone版LINEアプリで画像からテキストデータを抜き出す方法

画像をサクッとテキスト化!iPhone/Android™版LINEアプリに搭載された、OCR機能の使い方をご紹介します。

  • 続きを見る
    • LINEで画像をテキストに!

      画像上の文字を認識してテキストデータとして抜き出せるOCR機能。過去には、iPhoneの標準「メモアプリ」での利用方法や、Adobe製の無料スキャンアプリ「Adobe Scan」などをご紹介しました。

      なんと、同様の機能がiPhone/Android版のLINEでも利用可能になったことを皆さんはご存知でしょうか?今回は、iPhone版アプリを例に、画像からテキストデータを抜き出す方法をご紹介します。

      アプリを開いたら、まずは任意のトークルームを開いてください。続いて、トークルーム上からテキストデータを抜き出したい画像をタップしましょう。

      画像が拡大表示されたら、画面右上にある「T」ボタンをタップ。初めて利用するときは、画像データをサーバーに送信する許可が求められます。ここでは「同意」を選択してください。

      すると、画像上の文字が認識され、長方形の枠で囲われます。続いて、テキスト化したい範囲の文字をドラッグすると、それらが緑色に。画面下部にはテキストデータが表示されるはずです。ここで「次へ」を選択すると、トークルーム下部のテキスト入力ボックスに、画像から抜き出したテキストが入力されます。

      なお、全文をコピーする場合は、画面左下の“書類”を重ねたような形のボタンをタップしてください。すると、テキストを「メモ」アプリなどでペースト可能になります。また、“地球儀”のような形のボタンをタップすると、テキストをさまざまな言語に翻訳可能です。

      スマホ内の画像でもOK

      スマホに保存済みの画像から、テキストを取り出すことも可能です。

      任意のトークルームを開いたら、画面下部の左から3番目にあるボタンをタップしてください。スマホ内の画像が一覧表示されたら、テキスト化したいものを選択しましょう。

      すると、編集画面に移動するので、画面上部の「T」ボタンをタップ。テキスト化の手順については、前半でご紹介した内容と同様です。

      自分だけのトークグループを作成し、“テキスト化→トークルーム内に送信”する…といった使い方も便利なOCR機能。まだ利用されていない方は、ぜひ機能をお試しくださいね。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver12.2、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2019年6月9日

      待受け画像勢ぞろい
      hotty壁紙DX

      スマートフォンの待ち受け画像に最適な素材が集まった壁紙サイトです

      アイコンホルダー

      待受として使いやすい、ナチュラルテイストの画像を、豊富にご用意しています♪

      待受☆天文ナビ

      美麗な天文写真や人気イラストレーターKAGAYAの待受け画像が取り放題の待受けサイトです!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2019年6月9日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ