Google™で過去に検索したキーワードをスマホから確認or削除する方法

Google™で検索したキーワードやアクセスした履歴。確認&削除する方法をご紹介しましょう。

  • 続きを見る
    • “アクティビティ”をチェック

      Google アカウントにログインした状態で検索したキーワードや、閲覧したウェブサイト、再生した動画といった履歴を、Googleではサービス全体における検索の高速化や、より関連性の高い検索結果を表示するために“アクティビティ”として保存しています。

      過去のアクティビティを確認したい、もしくは削除したいという場合は、Google アカウントにログインした状態で、下記リンク先の「マイ アクティビティ」にアクセスしてください。すると、最新のものから時系列順で、アクティビティが一覧表示されるはずです。

      アクティビティを個別に削除する場合は、削除したい項目の右側にある“点が縦に3つ”並んだボタン→「削除」の順番にタップしましょう。

      すべてのアクティビティをまとめて削除することも可能です。

      その場合は、「マイ アクティビティ」画面最上部の右側にある“点が縦に3つ”並んだボタン→「アクティビティを削除する基準」をタップ。続いて、「今日」と表示された項目をタップし、「全期間」を選択してください。

      あとは「削除」をタップすればOKです。

      そもそも保存しない設定に

      履歴を残したくないという気持ちから、ウェブブラウザの閲覧履歴を削除している方もきっといらっしゃるはず。しかし、Google アカウントでログインしていると、「マイ アクティビティ」には検索や閲覧のアクティビティが、データとして残ってしまいます。

      ウェブブラウザと「マイ アクティビティ」、両方の履歴をいちいち消すのが面倒なら、「マイ アクティビティ」への保存をオフにすることも可能です。そのやり方をご紹介しましょう。

      まずは、「マイ アクティビティ」画面最上部の右側にある“点が縦に3つ”並んだボタン→「アクティビティ管理」の順番にタップしてください。「アクティビティ管理」画面にて、特定のアクティビティを保存するかどうかを設定できます。

      検索や閲覧のアクティビティが保存されないようにする場合は、「ウェブとアプリのアクティブティ」という項目をオフにしましょう。「アクティビティ管理」画面では、このほかにも、「YouTubeの検索履歴」や、「YouTubeの再生履歴」といったアクティビティの保存設定を変更できます。

      [サイト]
      マイ アクティビティ

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver12.2、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2019年6月7日

      ○○を検索!
      HOMEアドパーク

      全国の賃貸/売買用不動産情報を掲載。地域や沿線の検索で、物件探しをサポート!

      おくすり日記

      日記をつけて健康管理!お知らせメール、おくすり検索機能、等で健康サポート。

      進学ナビ

      進学ナビで全国の大学、短大、専門学校を志望分野で検索して無料で資料請求しよう。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2019年6月7日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ