セキュリティ対策万全ですか??Google™ アカウントで「セキュリティ診断」を利用する方法

Google アカウントを保護!不審なアクセスやログイン履歴もチェックできるセキュリティ診断を実施してみませんか?

  • 続きを見る
    • 診断方法はとても簡単!

      Google アカウントの保護に役立つ「セキュリティ診断」。診断画面にアクセスするだけで、ログイン時の2段階認証プロセスを設定できたり、不正アクセス履歴を確認できたりする便利な機能です。

      診断を実施するには、Google アカウントにログインした状態で下記リンク先の「セキュリティ診断」にアクセスすればOK。また、ウェブブラウザからGoogle検索画面にアクセスしていくつかステップを踏むことでも、「セキュリティ診断」を行えます。

      ここでは、Safariを使用して手順をご紹介しましょう。まずは、Google検索画面の右上隅アイコン横にあるボタン→「Google アカウント」の順にタップ。続いて、「お使いのアカウントを保護します」という項目内の「使ってみる」をタップすると、「セキュリティ診断」を実施できます。

      診断内容の詳細について

      「セキュリティ診断」実施後の画面では、Google アカウントの使用状況に応じて、お使いのデバイス/最近のセキュリティ イベント/ログインと再設定/サードパーティーによるアクセスといった項目ごとに、診断結果を確認できます。

      例えば「お使いのデバイス」では、Google アカウントにログインしたパソコンやスマホをまとめてチェック可能。見覚えのないデバイスが表示される場合は、パスワードが不正使用されている可能性が考えられます。

      「最近のセキュリティ イベント」では、過去28日間にわたって新しいデバイスからのログイン、もしくはアカウント設定に関する重要な変更があった場合に、通知を表示。また、「サードパーティーによるアクセス」をタップすると、アカウントへのアクセスを許可されたアプリを確認できるほか、アクセス権を削除できます。

      なお、「セキュリティ診断」で何らかの問題が見つかった場合は、注意を促す黄色マークが表示されるはず。対処すべき項目をタップし、画面の指示に従って設定を行ってください。

      [サイト]
      セキュリティ診断

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver12.2、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 9、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2019年5月21日

      ○○対策に!
      転職口コミは転職会議

      失敗しない転職するなら『転職会議』。企業情報や評判、年収・入社対策等のクチコミ満載。

      目指せ!合格漢検広場

      漢字に親しみ、楽しく漢検対策をしよう!

      センター試験完全攻略

      1日10円で15科目すべて勉強できます!今すぐ始められる最強のセンター対策!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2019年5月21日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ