放っておくと知人が金銭的被害を被る危険も…LINEの乗っ取りを確認する&運営に問い合わせする方法

LINEの乗っ取り被害を防ぐには?万が一に備え、対応策や運営への問い合わせ方法を事前に把握しておきましょう。

  • 続きを見る
    • 乗っ取りの手口とは?

      ニュース番組などでも話題に挙がることがある、LINEアカウントの乗っ取り。みなさんは、その具体的な被害や手口についてご存知ですか?

      乗っ取り犯の主な目的は、そのユーザーになりすまし、家族や友人に金銭を要求する詐欺行為。プリペイドカードを購入させ、記載されている番号を聞き出す…といった事例がよく知られています。乗っ取り被害に遭うと、知人に迷惑がかかってしまう場合も十分に想定されるので、推測されやすいパスワードは避けるなど、セキュリティ対策は万全にしておきましょう。

      アカウントを乗っ取る手口として最近増えているのが、LINEや他のメッセンジャーサービスを通じて、数字4桁のSMS認証番号をユーザーから直接聞き出すというやり方です。

      これを教えてしまうと、いまお使いの電話番号で新規LINEアカウントを作成され、現在のアカウントが利用できなくなる可能性があります。本人以外がSMS認証番号を必要とする場面はないので、他人から番号を聞かれても絶対に答えないようにしましょう。

      乗っ取り被害への対策例

      スマホ版LINEアプリでは、複数のデバイスから同一アカウントを使用できません。しかし、パソコンやiPad版LINEでは、メールアドレスでログインすれば、スマホでお使いのLINEアカウントにアクセス可能です。

      このため、メールアドレスとパスワードを不正入手した第三者が、パソコンやiPadからLINEにアクセスする可能性も考えられます。トーク画面で心当たりのないやりとりを発見した場合などは、LINEにログインしているデバイスをチェックしましょう。手順をご紹介します。

      まずは、「友だち」タブを開き、“歯車”の形をしたアイコンをタップ。続いて、「アカウント」→「ログイン中の端末」の順にタップしてください。移動先の画面より、現在LINEにログインしているデバイスを確認できます。身に覚えのないデバイス名がある場合は、ログアウトさせることも可能です。その後は、速やかにパスワードを変更しましょう。

      万が一、アカウントが乗っ取られた場合は、下記リンク先の「お問い合わせフォーム」より、詳細な内容を報告してください。それ以上、乗っ取り犯が悪用しないようにアカウントを削除。調査後、新規アカウントにスタンプや着せかえ、有料アイテム、コイン残高などが移行されます。

      [サイト]
      お問い合わせフォーム

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver12.1.2、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 8.0.0、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2019年3月2日

      LINEで使える♪
      豆しばデコ

      LINEで使えるスタンプいっぱい★毎日更新♪30000点以上の素材を取り放題!!

      スタンプセレクト

      LINE、カカオトークなど、有名チャットアプリ使えるスタンプやおもしろデコメが満載です!

      デココレ

      LINEでも送れるスタンプサイトの決定版★約20万点のスタンプやデコレメ、待受が取り放題!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2019年3月2日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ