OSが自動アップデートされるのはちょっと…という人に iPhone&AndoridでOSの自動アップデートをオフにする方法

思わぬ不具合を防ぐ一助になるかも?iPhone/Androidで、自動アップデートをオフにする方法をご紹介します。

  • 続きを見る
    • iPhoneの場合

      進化を続けるスマホのOS。定期的にアップデートされますが、たまに「アップデートの影響で不具合が」といったニュースを見かけます。

      となると、自動でアップデートされてしまうのが「不安…」という方もいらっしゃるはず。そこで今回は、自動アップデートの設定をオフにする方法をお教えします。

      iPhoneの場合は、「設定」を開いて「一般」をタップ。続いて「ソフトウェア・アップデート」→「自動アップデート」の順に選択しましょう。最後に「自動アップデート」の右に表示されたスイッチ(ラベル)をタップすれば設定完了となります。

      Android™の場合

      Androidでは、機種によって自動アップデートをオフにする方法が異なる場合も。ここでは一例として、Xperia™ XZ2での設定方法をご紹介しましょう。

      設定を行うには、隠しメニューの「開発者向けオプション」を表示してください。「設定」を開いたら「端末情報」を選択。次の画面を最下部までスクロールしたら、「ビルド番号」を連続でタップしましょう。「あなたは今開発者になりました!」と表示されたら準備完了です。

      「開発者向けオプション」は、「システム」画面に表示されます。項目をタップした後に画面を下方向にスクロールしていくと、「自動システム更新」が見つかるはず。項目の右にあるスイッチをオフにすれば設定完了となります。

      不具合が起こらないことを確認してから、「アップデートしたい…」という方。ご紹介した設定方法、ぜひ試しみてくださいね。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver12.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 8.0.0、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2019年1月19日

      自動車乗るなら必見!
      保険の窓口インズウェブ

      最短5分で自動車保険を一括見積もり。一番安い自動車保険が簡単にわかる!

      EPARK駐車場

      駅、空港、イベントスポット周辺の混雑する駐車場を事前予約できるサービスです。

      マピオン

      キレイな地図でかんたんルート検索!徒歩も車も電車も★決まり!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2019年1月19日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ