お子さまのアプリ利用時間を細かく制限したい方へ iPhoneの「スクリーンタイム」&Android向けアプリ「使いすぎストップ」

お子さまのスマホ利用時間を管理・制限するには?iPhone/Android™別に、その方法をご紹介しましょう。

  • 続きを見る
    • iPhoneの場合

      以前もご紹介した、iOS 12の新機能「スクリーンタイム」。iPhoneの使用状況を把握できるほか、アプリの使用に制限をかけられる機能です。

      こちらを活用すれば、お子さまのiPhone利用時間を自分のデバイスから直接コントロール可能に。夜間はアプリが動作しないように設定したり、ゲームアプリやSNSの使用時間に制限をかけたりできます。

      なお、機能を利用するには、ファミリー共有を利用してお子さまのApple IDを作成し、ファミリー共有グループへ追加する必要があります。その手順については、下記リンク先の「ファミリー共有とお子様用のApple ID」をご参照ください。

      利用時間を制限するには、「設定」→「スクリーンタイム」の順に開いてください。続いて、「ファミリー」の欄にあるお子さまの名前をタップし、「続ける」を選択します。

      次は画面の指示に従ってiPhoneの使用を休止させる時間や、アプリの使用制限時間を設定しましょう。最後に設定変更などの際に必要なパスコードを決めればOK。これで、お子さんのiPhoneに設定が反映されます。また、これらの制限は後から詳細画面にて変更可能です。

      お子さま側のiPhoneでは、使用制限時間に達したり休止時間になったりすると、特定のアプリを開けなくなります。

      お子さま側のiPhoneからは、時間延長の許可を親側のiPhoneにリクエスト可能です。宿題や勉強などにiPhoneを利用するといった、やむを得ない事情があるときには許可できます。

      Android™の場合

      Androidをご利用の方には、「使いすぎストップ」というアプリをオススメします。お子さまのスマホにインストールして親御さんが設定を行えば、各アプリの使用時間などを制限可能です。

      こちらの特長は、1日当たりの使用限度時間や使用できる時間帯などを、各アプリ毎に設定できる点です。さらに、複数のアプリをまとめたグループも作成できます。

      例えば、LINE/Twitter/Instagramを「SNS」として登録し、1日の使用限度時間を2時間に設定したとしましょう。この場合、グループ内に登録したアプリの合計使用時間が2時間を超えると、それらのアプリがすべて使用できなくなります。

      設定を変更する際はパスコードが必要となるので、お子さまが勝手に制限を解除することは不可能。さらに、アプリのアンインストールを防止する機能も備えています。

      スマホ利用時間の制限&管理に役立つ機能を備えた「使いすぎストップ」は、無料でインストールできます。お子さまのスマホ依存が心配…という方、ぜひご利用ください。

      [サイト]
      ファミリー共有と
      お子様用の Apple ID
      [Android™アプリ]
      使いすぎストップ

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver12.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 8.0.0、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2019年1月14日

      空き時間に利用♪
      GAMEHUNTER

      ちょっとした空き時間にお手軽ゲームで楽しもう!

      まんがこっち

      無料立ち読み充実★空いた時間、サクっとスマホでおもしろく!

      ITパスポート完全攻略

      ITパスポートを独学で合格!空き時間にマイペースで勉強できます。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2019年1月14日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ