イルミネーションが“映える!”iPhoneのポートレートモード&Androidの背景ぼかし

一眼レフカメラのように、背景をぼかした写真を撮るには?iPhone/Android™別で、撮影方法をご紹介します。

  • 続きを見る
    • 撮影後でもぼけ具合を調整可能

      iPhone7 Plus/8 Plus、iPhone Xシリーズでは、写真撮影時に「ポートレートモード」を利用できます。

      上に掲載した2枚の写真は、「ポートレートモード」と「通常撮影」を比較したもの。全体的にピントが合った「通常撮影」と比較して、「ポートレートモード」は背景がぼけた1枚になっています。これにより、被写体をグッと際立たせることが可能です。

      撮影方法はとても簡単。カメラを起動したら画面を左方向にスワイプし、撮影モードを「ポートレート」に切り替えるだけです。被写体に近づきすぎたり周囲が暗かったりすると、「離れてください」、「もう少し明るさが必要です」などとアドバイスが表示されます。こちらを参考にしながら撮影しましょう。

      iPhone XS/XS Max/XRの場合、「ポートレートモード」で撮影した写真は、撮影後でも背景のぼけ具合を調整できます。「写真」アプリで手を加えたい画像を開いたら「編集」をタップしてください。

      すると、カメラに取り込む光量を数値化した「F値」の調整スライダが表示されます。背景をよりぼかしたい場合は「F値」を小さく、反対にくっきりさせたいなら数値を大きくしましょう。

      「ぼけエフェクト」を利用!

      Androidでは、機種によって標準搭載のカメラアプリが異なります。今回は、一例として、Xperia™ XZ2での撮影方法をご紹介しましょう。Xperia専用の「ぼけエフェクト」というアプリを利用することで、作例のように背景をぼかした写真を撮影できます。

      カメラを起動したら画面上部のメニューを左方向にスクロールし、点が6つ並んだ「カメラアプリ」をタップ。続いて「ぼけエフェクト」を開いてください。こちらのアイコンが表示されない場合は、Google Play ストア™より、「ぼけエフェクト(背景ぼかし)」をインストールしましょう。

      「ぼけエフェクト」のアイコンを選択したら、フォーカスしたい対象を画面越しにタップして撮影すればOK。撮影後は調整スライダが表示されます。こちらでぼかし具合を変更できます。

      まれに、カメラが背景を被写体の一部と認識し、上手くぼかしきれない場合があります。そんなときは、被写体から約15~45cm以内の位置でカメラを構えた上で、被写体と背景が十分離れているか確認してみましょう。

      [Android™アプリ]
      ぼけエフェクト ( 背景ぼかし )

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver12.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 8.0.0、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2018年12月21日

      “映える”スポット探そう♪
      夜景スタイル

      夜景評論家・丸々もとおプロデュースの1000枚以上の夜景画像や夜景スポット情報を提供中!

      ことりっぷ

      ことりっぷ公式!女性向け旅行・おでかけガイド情報サイト

      エイビーロード

      海外ツアー比較・検索サイト。観光情報も人気

      エイビーロード

      海外ツアー比較・検索サイト。観光情報も人気

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2018年12月21日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ