スマホで手軽にサイズが測れる!iPhone標準アプリ「計測」&Android向けアプリ「AR Ruler」

これでもうメジャー要らず?iPhone&Android™で使える、AR機能を利用した計測アプリをそれぞれご紹介します。

  • 続きを見る
    • 「計測」アプリでサイズを確認

      以前にもご紹介した、AR(拡張現実)機能を利用した計測アプリ。iOS 12では、Apple純正の「計測」アプリが使えるようになったことをご存知でしょうか?

      こちらを利用すると、iPhoneのカメラを通して物のサイズが測れます。早速、使い方や精度をチェックしてみましょう。また、Android™をお使いの方には、「AR Ruler」というアプリをご紹介します。

      まずは、「計測」アプリでiPhone Xsの外箱、その天面を測ってみます。アプリを起動したら、サイズ計測したいものにカメラを向けて画面内に収めたら、しばらく待ちます。すると、「矩形を追加」ボタンが表示されるので、これをタップ。四辺のサイズを自動で一度に測れました。

      アプリで測定したサイズは短辺が8cm、長辺が16cm。定規で実際に測ったサイズは短辺が8.5cm、長辺が15.7cm。多少の誤差があるため、「メジャー要らず」とまでは言えなさそうですね。大まかなサイズを知りたいときに、利用されることをオススメします。

      「AR Ruler」の使い方は?

      続いて、Android用メジャーアプリ「AR Ruler」でテーブルの天板サイズを測定してみましょう。

      アプリを起動したら、まずは各種設定。画面右下の点と線が連なった形のボタンをタップし、メニューが表示されたらNゴン/マニュアル/エリアを選択してください。

      続いて、“歯車”ボタンをタップし、「設定」の「測定単位」をcmに設定しましょう。ピントが合いにくい場合は「Autofocus」をオンしておくことをオススメします。

      設定が済んだら水平の面にカメラを向け、0.5~3mの間で被写体を検出可能な距離に移動。視野角や被写体との距離なども、適宜調整してみてください。上手く被写体が認識されると画面にグリッドが現れます。

      この状態で画面下部にある“円が二重”になったボタンをタップすると、計測の始点を設定可能に。緑の照準マークを合わせてボタンをタップすると、位置を指定できます。その後、次の角までオレンジ色の直線を伸ばしたら、再度ボタンをタップしましょう。これを繰り返して周囲をすべて線で囲めば計測完了です。

      なお、テーブル左側の最も長い部分は、定規で測ると125cm。アプリで計測した長さは130cmで、その差は5cmとなりました。おおよそのサイズを把握したいとき、こちらも役立つでしょう。

      なお、「AR Ruler」は無料でインストール可能です。アプリ内課金を行うと広告を非表示にできます。まずは無料でお試しいただき、よりスムーズにアプリを利用されたい場合は、有料版の導入をご検討ください。

      [Android™アプリ]
      AR Ruler

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver12.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 8.0.0、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2018年12月5日

      お部屋も計測必須!
      HOMEアドパーク

      全国の賃貸/売買用不動産情報を掲載。地域や沿線の検索で、物件探しをサポート!

      住SEE

      大東建託グループの賃貸物件検索サイトで安心のお部屋探し♪

      賃貸情報のDOOR賃貸

      DOOR賃貸では賃貸情報検索を圧倒的物件数でサポート。入居決定でキャッシュバック。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2018年12月5日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ