初めて発売したのはあのお菓子メーカー??あったかぬくぬくな“使い捨てカイロ”の雑学

最初に販売したメーカーはどこ?発熱のメカニズムは??今回は、使い捨てカイロに関する雑学をご紹介しましょう。

  • 続きを見る
    • カイロのルーツは温めた石

      12月1日は「カイロの日」。需要がピークを迎える12月最初の日であることから、日本カイロ工業会によって記念日として制定されています。ということで今回は、使い捨てカイロに関する雑学をご紹介しましょう。

      カイロのルーツは、江戸時代の温石(おんじゃく)だと言われています。着物の襟元や袖口から入る冷たい空気への対抗策として、石を温めて懐の中へ入れていたのだとか。懐に入った炉ということで、“懐炉(カイロ)”という名前が付いたのですね。

      その後、カイロはさまざまな形に変化。明治時代には、炭の粉と灰を混ぜたものを金属容器に入れて燃焼させる“灰式カイロ”、大正時代には、揮発性の高い液体、ベンジンの気化ガスと白金の触媒作用を利用した“ベンジンカイロ”が登場しました。

      こうした変遷を経て、現在のような使い捨てカイロが商品化されたのは、1978年(昭和53)年のこと。販売したのは、お菓子メーカーロッテのグループ会社、旧ロッテ電子工業でした。同社は、新しいカイロを開発していた会社とパートナーシップを組み、「ホカロン」の販売をスタート。結果、火気を使用せず、手軽に使える使い捨てカイロは大ヒット商品に。それまでのベンジンカイロに取って代わって、爆発的に普及しました。

      低温やけどに注意!

      カイロが温かくなるのは、鉄の酸化を利用しているからです。科学の授業などで化学反応について学び、発熱のメカニズムをご存知の方も多いでしょう。袋に入っている鉄粉が空気中の酸素に触れ、急激に酸化することで発熱し、暖を取れるというわけです。

      発熱の仕組みは単純にも思えますが、メーカー各社は、熱くなりすぎたり、反対に温かくなるまで時間がかかり過ぎたりしないよう、袋に開いた空気穴のサイズや、中に入った材料の配合を調整しているそうです。

      このように、さまざまな工夫が施された使い捨てカイロですが、使用する際は低温やけど注意しましょう。温かいと感じるような比較的低い温度であっても、皮膚の一部分に長時間触れていると、強い痛みや赤み、水ぶくれが発生する場合もあります。

      予防するには、「カイロを肌に直接当てて使わない」「貼るタイプであっても一定時間が経ったら位置をずらす」「就寝中には使わない」といった点にお気をつけください。また、カイロと温風ヒーターなどを併用すると、やけどのリスクが高まるそうです。外装パッケージに表示された注意事項などを参考に、正しくカイロをお使いくださいね。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver12.0.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 8.0.0、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2018年12月1日

      暖房器具が必要?
      オークファン

      ヤフオク!・Amazon・楽天などの商品を一括比較。安く買う/高く売るなら【オークファン】

      アイリスプラザ

      アイリスオーヤマ公式通販サイト★収納・家具インテリア、ペット用品など豊富な品揃え!

      最安サーチ.com

      大手通販を価格比較し、最安値を検索できるショッピング価格比較サイト

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2018年12月1日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ