タップすると写真が動き出す!!LINEでiPhoneの「Live Photos」を送るには?

iPhoneで撮影可能な、動く写真「Live Photos」。それをLINEで送信するやり方、チェックしてみませんか?

  • 続きを見る
    • LINEでの送り方は?

      iPhone 6s以降の標準カメラアプリで撮影できる「Live Photos」。シャッターを切った前後1.5秒ずつの映像を記録し、“動く写真”を残せる機能です。その場の雰囲気や臨場感が伝わる「Live Photos」ですが、特殊な写真なので、誰かと共有するような場合には若干の注意が必要です。

      例えばLINEでの共有。トークルームで「Live Photos」を送信するには、ある手順を踏む必要があります。そうしないと、相手側には静止画として表示されてしまうのです。今回は、失敗せずに送信する方法をご紹介しましょう。

      まずは、任意のトークルームを開き、画面下部のアルバムアイコンをタップしてください。アルバムの一部が表示されたら、それを画面上方向にスワイプして全画面表示に。送信したい「Live Photos」を選択したら、画面左下の「ORIGINAL」アイコンをタップして、「送信」を押しましょう。

      なお、「Live Photos」として撮影した写真の左下には“多重円”のアイコンが表示されます。選択する際の目印にしてくださいね。

      サムネイルをタップすると…

      「Live Photos」を正しく送信できていると、サムネイルの左下に「LIVE」と表示されます。タップすれば「Live Photos」を再生可能です。

      なお、「Live Photos」はiPhoneのみ利用できる機能。正しい手順でAndroid™端末に送信しても、相手側には静止画として表示されます。ご注意ください。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver12.0.1、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 8.0.0、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2018年11月11日

      写真加工はコチラ
      @デコメ

      人気のデコメが取り放題♪写メを加工できるツールも大人気♪

      フォトデコレ

      写真加工からアルバム保存まで一貫して行える!LINEで使えるスタンプもつくれちゃう★

      投稿★デコぷち

      毎日デコメ大量更新&写真加工ならココ♪お化粧加工&大量スタンプ&人型切抜き☆

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2018年11月11日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ