普通のワインと何が違うの??ボジョレー・ヌーボーの雑学

もうすぐ解禁!!今年の味を楽しむ前に、ボジョレー・ヌーボーの雑学をチェックしてみませんか?

  • 続きを見る
    • そもそも、どんなワイン??

      毎年11月になると世間をにぎわす“ボジョレー・ヌーボー”。でも、「そもそもなんなの?」と、疑問に思われる方もいるでしょう。今回は、産地や特長、おいしい飲み方などをご紹介します。

      ボジョレー・ヌーボーは、フランス・ブルゴーニュ地方南端のボジョレー地区で生まれるワイン。フルーティーで華やかな香りを持つ、ガメイ種のブドウから造られます。

      また、“ヌーボー”はフランス語で“新しい”という意味。つまり、ボジョレー地区でその年に収穫したブドウから醸造される新酒、それがボジョレー・ヌーボーなのです。

      醸造に使われる手法は主に、ワインの色味や香りを短時間で強く抽出する、「マセラシオン・カルボニック」。これによって、果実のようにフレッシュな香りとライトな味わい、濃い色合いを兼ね備えたワインに仕上がるのです。

      冷やして飲むのがベスト

      フレッシュさが持ち味のボジョレー・ヌーボーは、少し冷やしてから飲むのが良いとされます。

      普通の赤ワインでは、冷やしすぎるとタンニンの渋みが強く感じられて飲みにくくなることもありますが、ボジョレー・ヌーボーはタンニンの含有量が少ないため、冷やしても問題ありません。冷蔵庫で1時間ほど冷やし、10~12℃程度にするのがおいしい飲み方だと言われていますよ。

      また、ボジョレー・ヌーボーは、その年に収穫したブドウから造られる“旬を味わう新酒”ですから、そもそも長期保存を目的としていません。できる限り早く飲み切ることをオススメします。

      来たる11月15日、いよいよ解禁となるボジョレー・ヌーボー。今年の出来栄えが気になる方は、その味をぜひお楽しみください。

      ※動作確認はiPhone XS iOS Ver12.0、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ XZ2 Android™ 8.0.0、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2018年11月4日

      ワインに合う料理は??
      E・レシピ

      プロの料理研究家や栄養士がレシピを制作。美味しくて栄養も考えられたレシピをご紹介♪

      献立レシピ

      献立に悩む皆様のお役にたちます。時短で簡単な献立、季節の食材満載のレシピをご提供。

      クックパッド

      日本最大の料理。190万品を超えるレシピから作りたい料理を探せます。

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2018年11月4日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ