目から鱗!服を長持ちさせるコツ

日々のケアが大切!お気に入りの服を長持ちさせるコツを、着用後&洗濯時それぞれご紹介します。

  • 続きを見る
    • 着用後はブラシでケア

      毎日でも着たい、お気に入りの一着。でも、その服ばかり着ていると…。当然、劣化も進みやすくなります。素敵な服を少しでも長持ちさせたいという人のために、そのコツをご紹介しましょう。

      服を長持ちさせるには、着用後のケアが必要不可欠です。セーターやスーツなどの表面にホコリやチリを付着させたまま放置すると、繊維が汚れを吸着。そのままにしておくと、カビや虫食いを招く恐れがあります。

      そこで重要となるのが、着用後にブラシをかけること。繊維の隙間に入った汚れを取り除けるだけでなく、繊維の目を正しい流れに整えて、毛玉やテカりの発生を防げます。さらには、繊維が空気を含むことで、ふんわりとした質感も復活。本来のシルエットを保ちやすくなるのです。

      また、服が湿る程度に霧吹きで水をかけ、風通しの良い場所に干しておくのもオススメしたいテクニック。乾くまで放置しておくだけで、ニオイやシワを取り除く効果が期待できます。ただし、水に弱い素材でないか、あらかじめ確認しておくことが肝心です。

      洗濯ネットで摩擦を防止

      服を長持ちさせるには、洗濯表示に従って洗うことも重要となります。「縮んでしまった…」「色が変わった!?」などといった悲しい事態を防ぐためにも、事前に表示を確認した上で正しく洗濯しましょう。

      それに加えて、ぜひご活用いただきたいのが“洗濯ネット”です。スパンコールやラインストーンといった飾りつきの衣類や絡まりやすいタイツなどは、裏返した状態でネットに入れてから洗濯してください。

      これにより、服同士が擦れたり細かいゴミが付着したりするのを防げます。摩擦による傷みを防ぐため、1枚のネットには1着の衣類だけ入れるよう、心がけてください。

      洗い終えた服は濡れた状態で放置せず、すぐに干すのがセオリー。脱水によるシワの固定を防げます。トップスを干す場合は、肩の縫い目がしっかりとハンガーに乗るようにします。服同士の感覚を空け、形を整えてから風通しの良い場所に干しましょう。

      一方、ボトムスは角ハンガーなどを利用して筒状につり干しすると型崩れを防げます。大切な服を長く着たい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver11.3、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2018年6月9日

      そろそろ夏服の季節
      サン宝石公式サイト

      サン宝石は、アクセサリーを中心に雑貨小物や洋服などを扱っている通販会社です。

      夢展望

      アパレル夢展望♪。トレンドからこだわりのアイテムまで豊富な商品を揃えています!

      スタイルクルーズ

      ジャーナル スタンダード、エディフィス、イエナなど公式ファッション通販サイト

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2018年6月9日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ