「iPhoneの“非使用のAppを取り除く”で空き容量ゲット!」スマホトラブル解決物語

いつの間にか、iPhoneの容量がいっぱいになってしまい、困り果てたウサタロウくん。アプリ内データを残しながら、容量を確保する方法をカメ先生に教えてもらいます!

  • 続きを見る
    • 登場人物

      ウサタロウ
      ウサタロウ
      スマホにすれば、それだけで楽しく便利な毎日になると思っている楽天家のウサギ。
      カメ先生
      カメ先生
      長い年月をかけて、スマホの操作や活用テクニックをマスターした、真面目なカメ。

      個別にアプリを取り除く方法

      う~ん、アプリをインストールしすぎちゃったかも。もうiPhoneの容量が足りない…。
      また困っているようじゃな、ウサタロウ。一体どうした?
      実は『容量がいっぱいです』ってアラートが出ちゃって。でも、アプリを消すとアプリ内のデータも消えちゃいそうだし…。
      それなら『Appを取り除く』を利用すれば良いぞ。アプリ内のデータは残したまま、容量を確保できるのじゃ。アプリを再インストールをすれば、データ復元も可能じゃぞ。
      そんな便利な機能を待ってたんだよ!やり方、教えて!
      仕方ないのう。まずは『設定』を開いて『一般』をタップ。続いて、『iPhoneストレージ』を選択するんじゃ。
      インストール済みのアプリが一覧表示されたね。
      後は、任意のアプリをタップして、『Appを取り除く』を2回連続で選択すればOKじゃ。
      アプリを取り除いても、アイコンはホーム画面に残るんだね。データを復元するには、どうしたらいいの?
      そのアイコンをタップすればよい。アプリがApp Store内に存在しておれば、データが復元されるぞ。

      自動でアプリを取り除く方法

      確かに便利な機能だけど、個別にアプリを削除するのはちょっと面倒かもな~。自動で削除してくれたらいいんだけど。
      ふふふ…。実はあるのじゃよ、その機能が。『非使用のAppを取り除く』をオンにしておきなさい。iPhoneが容量不足になると、使用頻度の低いアプリを自動で取り除いてくれるぞ。
      スゴイ!まさにボクが求めていた機能じゃん。
      手順も簡単じゃ。『設定』から『iTunes StoreとApp Store』を開いたら、『非使用のAppを取り除く』をオンにすればよい。
      よし!これでアプリをインストールしまくっても大丈夫だね。
      使用頻度の少ないアプリを取り除くだけじゃから、容量の大きなアプリを使い続けていたら、容量不足は免れんと思うがのう…。その場合は、個別にアプリを取り除くと良いじゃろう。

      ※動作確認はiPhone7 iOS Ver11.3、Safariにて行っています。
      ※動作確認はXperia™ X Performance Android™ 6.0.1、Google Chrome™にて行っています。
      ※一部の機種やOSでは動作しない場合があります。

      更新日:2018年6月5日

      悩みを解消!
      心酔!浪花の占い師匠

      育てた占い師300人以上!占い師匠 安部クリスティがあなたの不安をごっそり解消。

      本格運勢占い

      本格的な診断術を使った占いサイト。毎日の心配ごとを解消。

      克明秘術◆山下気学

      克明秘術であなたの悩みを解消!

      ※ご利用上の注意
      本特集に掲載されているコンテンツは、ソフトバンク株式会社の公式サイトではない場合がございます。コンテンツ利用の際は各コンテンツの利用規約等をご確認の上、ご利用ください。お問い合わせは各事業者までお願いします。
      ※掲載内容は、2018年6月5日時点での情報になります。

      特集一覧を見る

ページトップへ